製鉄所最強化計画

PR

鳴かぬなら埋めてしまえ製鉄所

いつもブログにお越し頂きありがとうございます。

 

少し前にウクライナの東の街が戦火につつまれたニュースが世界中を

駆け巡った。

 

ドネツク。

10年以上前に行った綺麗な街

 

 

(こんなに綺麗な街だったんです。)

お客様の依頼でドネツクの会社を訪問

大きな部品をつくる機械の製造会社で世界に数社しかないひとつがドネツクに。

 

 

(街のはずれには大きな工場・・)

 

ロシア語は、も、しゃべれない私、キエフから知り合いに来てもらった。

それと、ドネツクのエージェントも。

 

機械は4階建てのビルくらいの・・ どんだけ~っていうくらいでかい。

そんな訳で工場も嫌になるほどでかい。製鉄所みたいのも?やってるらしい?・・。

 

映画館の扉のように分厚いドアのお部屋で契約。

握手をして商談成立。 お値段は旅客機くらい・・・・

 

 

(これと同じ値段の機械ってどんだけ高いの・・)

季節はちょうど初夏。 仕事のあとは、ちょっと街を散策。

< font color="#000000"> 

エージェントが、買ったばかりのBMWで案内してくれた。 

新車の値段は、平均給与の7-8年分・・

若い彼は、たぶんヤングエクゼクティブ?

 

ホテルのある目抜き通り??を通って・・

支庁?官庁ビルの3階?に。 歴史資料を展示していている。

 

外の広場にはバラのモニュメント。 バラの街と言うらしい。

 

 

(建物の前にこんなモニュメントがありました。 バラです)

 

ちょっと、早めに夕食に・・

何が良い?と聞かれても、判らないので・・とりあえず

 

“ウクライナ料理が良い”っと言ってみた。

 

すると歴史がありそうな老舗レストラン?に案内してくれた。

お客さんは私たちだけ・・・

 

“外のほうが眺めが良いよ”という彼についてテラスに・・・

 

別に普通の街並み・・

ただ、夏の薄着で家路につく若い女性がいっぱい見える。

 

“ねっ、良いだろ”

“あっ、そういうこと・・・” 

 

商談成立を祝って乾杯ということで・・凍ってる瓶がやってきた・・・。

 

ウオッカで、度数70度。

ショットグラスで乾杯  めっちゃ冷たいから度数が気にならない。

でも、胃に入ってから・・・なんか熱い。

 

(ウオッカは危ない、度数が強いのはあぶなーい。)

 

これは危ない! で、あとは、ビールと度数の低いウオッカ。

 

色々なハムやらなんやらの盛り合わせ・・

そして、ボルシチ。

ボルシチの発祥は、ロシアじゃなくってウクライナらしい・・。

とっても嬉しそうに自慢するので・・

 

(ボルシチは発祥がウクライナらしい・・)

 

“そうなんだ、すごいね~!” っと、とりあえずびっくりしてみせる。

 

カツレツ、皮の分厚い餃子?とか色々なウクライナ料理もでてきた。

そのうち、クリームパンみたいのが・・ 

えっ、ピロシキ! でも、揚げてない・・。

 

ピロシキと言うと、カレーパンみたいのを想像するけど・・)

 

外見はクリームパン、でも中にはピロシキの具が入ってる・・・・。

私にとってはボルシチより、揚げてないピロシキのほうがびっくり。

 

綺麗な夕日と、綺麗な女性を眺めながらウオッカでほろ酔い気分。

これからホテル・・・・。

製鉄所なら買って満足、厳選した高品質をお届けします

通訳ガイドさん
ツアーの冒頭でご説明いただきたいもの。
演武のあと、お客様が着替える前に 一族の歴史をご紹介ください。
頭首の柴田家は忍士(しのびざむらい)。忍びの者を訓練し、派遣をする武家。
(伝承) 1500年頃 織田信長筆頭家老柴田勝家に仕え、忍衆を指揮する         1583年 賤ヶ岳の戦いにて羽柴秀吉に敗れ、徳川家康のもとへ落ち延びる        1590年頃 武蔵国へ移る       
(文献より) 1600年 徳川方として関ヶ原に参戦                  1823年 第14代党首 柴田良通(徒目付)学問吟味乙科及第               1862年 第15代党首 柴田剛中 文久遣欧使節団組頭としてヨーロッパに渡り、開港開市の延期交渉にあたる                                   1863年 外国奉行並に任じられる                           1865年 製鉄所建設及び軍制調査の正使として再度フランス・イギリスに派遣される フランスとの製鉄所建設と軍事教練に必要な協定を締結する この時スカウトしたのがハリウッド映画ラストサムライの主人公のモデルであるジュール・ブリュネである        1869年 明治政府樹立に伴い柴田剛中 隠居
(伝承) 1869年 第15代党首 柴田剛中 隠居にともない江戸幕府隠密衆解散        第16代党首 柴田専一龍之丞 幕府にも政府にも属さない独立した忍者集団設立       1908年 ある暗殺事件に関わり大変心を痛め忍者集団解散                日向守を偲ぶ会設立(~1960年代まで?)
(事業沿革) 1951年 第17代党首 柴田仁一鉄聞斎 忍者武具製作「十手工房」 設立     2008年 第18代党首 柴田朱雀 忍者集団再結集 忍者集団設立              2017年 芝に布陣し、本陣道場をベース
柴田日向守剛中の交友関係など                           親友 勝海舟 榎本武揚                              語学 ジョン万次郎                                外交関係(国内) アーネスト・サトウ、 ゴシケーヴィチ、ブリューイン、グラバー 部下 福沢諭吉、前島密、太田源三郎、福田作太郎

PR

コメントは受け付けていません。