製鉄所についてオタク100人に訊いてみた

PR

新着!製鉄所

ごきげんよう!夏ですな!柴商スタッフごっちです。

ろくな夏の服がなくて毎日ありあわせのバンドTシャツで出勤しております…。

当店はそこそこ都会な立地ですので、待ちゆく人々もおしゃれなかんじで肩身が狭いですねぇ。

個性とは一体…てかんじですが、本日はかなりユニーク!個性的な逸品のご紹介です!

株式会社常三郎の「」です。

パッと目が行くかと思います。

そこそこサイズの穴が堂々と空いておりますね!

実はですね、この素材の鉄、明治時代の「鉄橋」の鉄でつくられているんです。

そしてこの穴は、もともと鉄橋のリベットがかしめられていた穴なんですね~

なかなか面白くないですか!?

かんなは、鋼、地金の2つの刃で成り立っています。

鋼は硬いほうがよいのですが、地金は柔らかく脆い性質のものが求められるのであります。

地金は切れ味を左右する部分ですが、柔らかい方が研ぎやすく角度の調節が容易ということで柔らかい方がよいわけですね。

ところがなんと、この「柔らかく脆い鉄」というもの、現在はそういう鉄を作ることが困難なのです。。!

や、まあ技術的には可能なのですが、今製鉄所で作られている鉄はほとんどが純度の高い、硬い鉄で、敢えて柔らかい鉄を作ろうとすると大変なコストになってしまい、どこも作ることができないんだそう。。

そこで、明治22年以前に作られた橋や、船の鎖を材料に使っているんです。豆知識でしょう!

この時代の「錬鉄」は、精錬に使用される燃料が木炭や薪のため、精錬時に融点まで温度が上がらず半溶融状態で出来た為に、粒子が粗く脆いうえに不純物がまざっておるそうな。

これが地金に使うにはぴったりなんだそうです。

力学的に何か作用しているわけではないこの穴ですが、

まさに実用的な商品であることの証明。

そのまま穴をあしらっているのもなかなかユニークで素敵な一方、現場での使い勝手も非常に良い商品となっています。

このすてきな鉋を作っているのは三木市の株式会社常三郎さん。

三木市は金物の町で、当店では小山製作所さんやアイウッドさん、同じ鉋でいえば千代鶴さん、蒼龍さんなどの商品も扱っています。

初夏と秋に、金物祭りを開催しているそうです…。。

旅行行きてえ…。。

工匠具とノコギリでいうと、全国の70%のシェアを三木市の金物が占めている、

そんな匠の町の、本場のかんなです。いかがでしょう。

あ。もちろん職人さんの手作りです!

ゆえに個体差があるのはご了承くださいね。

やあ、しかしの、の話じゃありませんが、大工道具にまつわる歴史に思いを馳せてしまいますね。。

人の手でしか守れないことってあるよなぁとか…時代も環境も一期一会なんだなぁとか…。

と、ちょっといい話っぽくなったところで。

仕様は寸八(70mm)、白台。刃口は包堀、紙箱入りです。

刃の入りが硬いこともあるかもしれませんが、無理にいれずに椿油などでなじませてくださいね。

いちおう限定品!ぜひチェックしてみてください。

常三郎の「」でした。ごきげんよう~

製鉄所の通販ランキングなどの情報を公開、プレゼントにも喜ばれる商品が満載です

ご訪問、ありがとうございます
更新が遅くなりましたが、
3月の練習日程です
<3月の練習日程>
●ホップ(基礎・全員)
3/3金:天満南小(大会前日練習)・17~19時
3/10金、3/17金:播磨町体育館・17~19時
3/24金:天満南小・17~19時
●ホップ2(初級、CとD1・初級基礎の大会出場希望者、D2・初級基礎作り)
3/6月:播磨町体育館…D1,2:17~19時、C:19~21時
3/13月:播磨町体育館…Cのみ・19~21時
3/20月祝:三木市民体育館…Cのみ・8時半~10時半
3/28火:いなみの体育センター…D1,2:17~19時、C:19~21時
●ステップ練(中級・A,Bメンバー)
2/28火:播磨町体育館・19~21時
3/1水:播磨町体育館・19~21時
3/8水:加古川市志方体育館・17~19時
3/11土:播磨町体育館・13~15時
3/15水:いなみの体育センター・19~21時
3/18土:加古川製鉄所・加古川体育館(→このあと6年生を送る会)
3/20月祝:三木市民体育館・10時半~12時半
3/22水:いなみの体育センター・19~21時
3/29水:播磨町体育館・17?19時
◎ジャンプ練(上級・A)については、随時決まり次第、連絡します。
いよいよ、
6年生は
今月が、ジュニア最後の練習月です
成長の嬉しさと
みんなと離れる寂しさが入り混ざります
今の仲間と過ごせる時間を
大切にしていきたいですね
今月も
大会に、基礎作りに
1歩の前進を
みかコーチ

PR

コメントは受け付けていません。