一流ブランドBieberが激安

PR

不覚にもBieberに萌えてしまった

赤西仁のインスタ

なんで赤西仁が選ばれるのかよくわからないけど中国とかではよく名前あがってますね。

とりあえずジェジュン出てたのでアップしときます。

Bieber先生。運動会は、7月過ぎにして下さい。

今週は、先週1位だったアーケイド・ファイア(Arcade Fire)のアルバム「Everything Now」が38位まで後退して、大人気ラッパーのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が4月にリリースしたアルバム「DAMN.」が、5月20日付けチャート以来14週間ぶりに1位に返り咲きました。
2位には、カントリー・ミュージック・シンガーのブルット・エルドリッジ(Brett Eldredge)が、リリースしたアルバム「Brett Eldredge」がランクインしています。
5位にランクインしたコンピレーション・アルバム「Now That’s What I Call Music! 63 (U.S. series)」は、毎年4回リリースされている大人気シリーズ。
このアルバムには、DJキャレド(DJ Khaled)のシングル「I’m the One (Feat. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper & Lil Wayne)」やケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)のシングル「HUMBLE.」などの最新ヒット曲や注目曲が収録されています。
ちなみに、Nowシリーズのシリアル・ナンバー63には、2006年4月にリリースされた全英バージョンも存在しますので、購入するときには収録曲を確認してください。
9位のアルバム「Ctrl」は8週間ぶり、10位のアルバム「American Teen」は3週間ぶりの再浮上です。
Rank. (LastWK) Arttist, Title
—————————————-
01 (02) Kendrick Lamar, DAMN.
02 (–) Brett Eldredge, Brett Eldredge
03 (04) DJ Khaled, Grateful
04 (03) Meek Mill, Wins & Losses
05 (–) Various Artists, NOW 63
06 (06) 21 Savage, Issa Album
07 (08) Ed Sheeran, Divide
08 (07) Imagine Dragons, Evolve
09 (13) SZA, Ctrl
10 (11) Khalid, American Teen

—————————————-

[洋楽]■ Billboard 200とは
ニールセン・サウンドスキャンによるセールス・データを基にした、すべてのジャンルを含む全米アルバムチャート。

The Billboard 200 (ビルボードの公式サイト)

PR

コメントは受け付けていません。