微塵専門ショップ

PR

微塵は、7月まで待ったほうがいい。

72回目の終戦記念日

一郎おじさんは太平洋の海の底で眠っています。
ひゃくおばあちゃんのもとには遺骨ではなくちょっとだけ立派な賞状が国から届きました・・・
息子が紙切れ一枚になって戻ってきた寂しさを孫のオレには微塵も見せなかったおばあちゃん
いつも、いつも、学生服姿で坊主頭の息子の写真に手を合わせていたおばあちゃん
おばあちゃんは随分まえに亡くなりましたが
一郎おじさんはまだ太平洋の海の底に静かに眠り続けています。
そして、おばあちゃんの哀しみは今もオレたち孫のそばで漂っています。
「戦争はこりごり・・・」おばあちゃんの声がするような気がします。
オレは病院の絶叫処置を受けてきました。
絶叫処置三種の神器
マウスピースにきつく噛み締めるハンカチ、痛みを少しでも紛らしすディスクマン(おじさんはこれだね!)
戦争も痛いのもノーモァー!

大好評の微塵がお得になる情報を満載!

最近地味に困っていること。
次男がオムツでウンコする時…
変えようとすると、股を固く閉じて開いてくれない
結果、余計なところまで塗り広げられ、手間が三倍くらいになります
めっちゃ笑いながら股閉じてるので、多分くすぐったいのだと思うのですが…非常に困る!
お風呂で体洗う時も、くすぐったがるようになって満足に洗えません。
くすぐったいのとは別問題ですが、もっと小さい頃から今まで、歯磨きも満足にできません。
「口開けてー」「あーしてー」って言っても、すぐに閉じてしまい、歯ブラシを噛んでしまうので、次男の歯ブラシはすぐにバッサバサになります
車に乗ると、運転席に移動し、運転席周りのアレコレを弄ろうとすること。
これは児発の連絡帳にも書かれてしまいました
興味があるのは分かるんだけど、超危ないからね…
全く話は違いますが…
毎日長男に、なぜ勉強しなければいけないのかを説きながら、私自身も「もっと勉強しとけばよかった」と後悔することが多々あります。
特に、英語はどうして現役の時にもっとやっとかなかったのかと思っています。
正確には、学校で習う文法には今も微塵も興味はないですが、モーレツに英語話せるようになりたいと思っています
キッカケは、最近また昔ハマってた洋楽を聴くようになったってのもありますが、子供と一緒に「えいごであそぼ」とか見てて、英語の発音するのに興味が出て来たからってのもあります。
私たちの頃って、英語はまだ文法が命で、発音て二の次で、ちょっと「ソレ」っぽく発音すると「ププーッ」って失笑されるような時代じゃなかったですか?
ずーっと英語は「発音できない」と思っていたし、だからこそ外国人の人と英語で話すのなんて絶対無理だと思ってました。
自分のカタカナ英語に物凄いコンプレックスもあったし、そこから派生したのか、外国人が怖いとまで思うようになっちゃいました(今も怖いです。偏見とかじゃなく、自分とは全く別次元の生き物的な意味でなんせ関わりないものですから)
そんなもんで、今更英会話教室ってのも、やはり英語で話すのは怖いし、外国人の先生も怖いんですけど、でも憧れだけは凄くある。
20年前に戻れたら、もっと違ったかもなーと思ったり…。
過去を後悔してもしょうがないですけどね。
他にも、学校の勉強だってもっと真面目にやればよかったって思ってます。
「大人になって後悔する」を、身を以て経験するとは思ってもみませんでした!
かと言って、学生時代に戻りたいかというと、実は戻りたくもありません
勉強はしとけばよかったと思うけど、学校生活はもう経験したくない…集団行動死ぬほど嫌いなんで
や、でも、あの頃に今の対人スキルがあれば、もう少し上手くやれたし、もう少しくらいはモテたかもしれない
…とかくだらないこと考えるくらいには、今日も平和なきなこです

PR

コメントは受け付けていません。