コミュニケーション強者が集中力の息の根を完全に止めた

PR

Pocket

集中力をあきらめたくないあなたが最後に読むべき記事

エフ・クラージュ イメージコンサルタント川崎由美子です。 私、想像力が豊かなのか(?)わからないですが、ほんとに、未来のことに対して不安になったり何かを想像したりしていしまうタイプなんですね。 例えば何か行動を起こさないといけないとしたら、 でももしこうなったらどうしよう・・・こんな反応されたらどうしよう・・・ああ、あれもしないといけない、これもしないと・・・  とにかく、「こうなったらどうしよう?」から、それに対して「じゃあこうすればいいか・・・」「そしたらもし別のこんなことになって行ったら・・・」というふうに、どんどん起きもしていないことを想像しては不安になる、というタイプの性格なんですね。 とても緊張してしまううというのも、こういうところにも原因があるのかもしれません。 まあ人間というのは、放っておいたら始終頭の中で考え事と称した「妄想」を繰り広げる生き物です。 集中しようと思っても、知らず知らず頭の中にはいろんな考え事と称した妄想が繰り広げられてしまう。    私も、起きてしまったことを吹っ切る時間は短いのに、先のこととなるとどうにもいろんな”妄想”が勝手に頭を支配しては、不安になったり落ち込んだりすることがひじょうに多いと感じています。 以前はこのこともそんなに気にならなかったんですけど、ここにきて、そういうふうに、起きもしていないことを不安に思っている時間が結構長いんじゃ・・・と思うようになりまして。 そこに費やすエネルギーも時間ももったいない気がしてきたんです。 それで、こういう自分を何とかできないか?と今いろんな本を読みだしているんですけど・・・ やっぱり瞑想というのがいちばん効果があると言われているんですよね。 瞑想というのはとにかく、「今、ここに全身全霊意識を向ける」ということを目的としてされるものだと思いますが、 集中力を高めたり、感覚を研ぎ澄ますのにもとても有効なんですよね。 それだけではなく、「からだの感覚を意識する」という瞑想は、ストレスやたまった疲れをリフレッシュするのに効果があるといわれています。 そして私のように、いつも「妄想」に悩まされる場合、妄想から抜け出すのに最適なのが、「からだの感覚を意識する」ということなんだそうです。 瞑想ってじっと座ってやるものと思っていましたが、「動きながらやる瞑想」というのもあるんですね。 普通に座ってやる瞑想でも、呼吸に集中して、息を吸う、吐くというのを意識してお腹がへっこんだり膨らんだりするのを意識しますが、これは、とにかく、「からだを使う」シーンがあるならばどこでもできるものなんです。 つまり、歩きながら、電車の中で立っていながら、お風呂に入りながら・・・とにかくどんなシーンでも。 歩いている時は、「右、左」と足の動きを頭の中で確認しながら、足の裏の感覚や関節の動きを感じる。 経っている時も、呼吸しながら鼻先を出入りする空気の感覚やお腹のふくらみ、縮みの感覚を感じ取る。 私は昨日、お風呂に入りながら、手を握ったり開いたりを繰り返しながら、指の動きを感じ取ってみました。 とにかく、からだの動きに神経を集中させて、動きを感じ取るようにしてみたんです。 あとは、ドライヤーで髪を乾かしながら、髪の動きを感じたりとか。    確かに・・・いつも日曜の晩となるととてつもない憂鬱感に襲われる私なのに(^-^;、憂鬱感が激減していました。 いらないことをいろいろ考えない時間を作ったせいか、割と頭がすっきりして、ちょっと前向きになっていたりする自分を感じました。    こういう「瞑想」を何か月か続けると、頭がかなりクリアに、シャープに、そして心がすっきりと軽くなっていくと本で読みました。 まだ1日程度しかしていないですがそれでも、「妄想」の時間を極力減らすようにする、というのはやはり全然違うんだと感じています。 日々の仕事中でもできる「瞑想」ですので、ぜひ通勤から取り入れて行きたいと思います。    本日もお読みいただきありがとうございました。 エフ・クラージュ川崎 由美子 ●ファッションには理論がある!洋服選びのコツがわかるファッションコーディネートセミナー 2017年12月10日(日)14:00~16:00 →お申し込みは☆こちら☆ ★★★クローゼットにあるもので毎日作るコーデをご紹介★★★  「◆今日のコーデ」というテーマから見ていただけます! ファッションには理論がある!
★★★洋服選びのコツがわかる
ファッションコーディネートセミナー★★★

日時:10月8日(日)14:00~16:00(受付13:45から)
場所:大阪天満橋ドーンセンター 4階 中会議室2
受講料:3000円(当日お支払いください)

セミナーの詳細・お申し込みは☆こちら☆をごらんください

お問い合わせ等ございましたら、お気軽に

yumiko.kawasaki@fp-yourchoice.com
までご連絡くださいませ。  
にほんブログ村  

日本人は何故集中力に騙されなくなったのか

Seikaです!(旧:Pazzy) 初めての方へ自己紹介?

今日は久しぶりにブログの気分なので、変化したことを書きます~!
細かい話だけど、誰かのお役に立てばいいな

ネガティブな気分になるのを恐れていたときのわたしは、ネガティブな気分を無理して打ち消す、無理やりポジティブで生きてました。
詳しくは去年の6月辺りのブログをどうぞ?

ただ、無理やりポジティブしてた時から変わらないのは、
時間は有限だ
という意識です。
無理ポジ時代は、
時間が惜しいから、
スケジュールの空白を埋め、無駄なものを嫌い、いつもせかせかしていました。

ご飯を食べながら新聞を読んだり、動画やテレビを観たり。

しかし、そのときの私の集中力は
ご飯に50新聞に50
って感じで、どちらにも集中できていなかった感じです
そして、できないことはやらない。を意識したこの1年は、
ご飯食べるときは食卓にご飯に関係のないものは置かず、ご飯をしっかり味わっていました。

今に集中する、っていうのを体験してみたくてやってたのだと思います。
そしたら最近また、
ご飯食べながら本を読んだり、動画を観るようになってきました。

でも、今は

一瞬、ご飯に集中力100、次の瞬間は動画に100、という風に集中の仕方が変わったことが分かりました

つまり

無理ポジのときは、常にどっちも50(6:4のときや7:3のときもあるが、中途半端なのは変わらない感じでした)

だから、動画の内容が入ってこなくて結局巻き戻したり、本の内容も結局、あとから読み直したりして、思えばあんまり時間短縮になってませんでした
今は、ご飯に100の瞬間は動画の内容は0。動画の内容100のときはご飯味わう感覚は0(これも1:9になるときもある)
で、それが細かく入れ替わってる感じです。

一瞬、一瞬の集中力が増してるんですね。
同じ「動画見ながらご飯を食べてる」という行動でも、一方はどっちも中途半端なまま継続してる、一方はギュッと集中できている。

何が違うのか考えました

無理ポジのときは、いちいち自分に「今、食べたいか」なんて聞かないで、何の疑問も持たずにやっていた。

今は、いちいち自分に聞くし(最近慣れてきたので聞かないのか、聞いても一瞬だから聞いてるって感覚がないのか)
もし気分が乗らなければいつでも食べるのやめていいし、動画も消していい。って、いつも自分自身に許可だけは出してるので、自分自身の気持ちが楽です

で、
気を抜いたり、疲れてたり、ストレス感じてたりすると、この感度がにぶるので
「あ、にぶってる」
と気づいたら、もとに戻します。

気づいたら、気をつける。
どうしてにぶってしまったの!とか、何でこんなにやってるのににぶるの?と責めることはありません。

気づいたら、気をつけるだけにしてます。
もっと言うと、
気をつけても直らなければ、放っておく
そんな感じで徹底的に、ゆるく、やってます
今日も人々のグレーゾーンを愛し、自分の中途半端さを愛し、ハツラツと生きてま~す

もうすぐニュージーに帰るよ
いや~、しかし今回、生まれ故郷日本のことがもっともっと好きになったよ
10月の満月

PR

コメントは受け付けていません。

PR