何とかを量販店よりもお得な価格を楽天でゲット!

PR

何とかがないインターネットはこんなにも寂しい

今日は更新率が高めですね・・・

お盆期間中のおサボり挽回という事で

お許しください・・・(笑)

まずは先日ご成約頂きました

LSの方はタイヤ交換など等の納車準備!

某様、詳細はLINEとお電話の通りです!

色々と手間はかかると思いますが、何卒引き続き宜しくお願い致します><;b!

また進捗は報告させて頂きますね!

それからA君よりご依頼は

お知り合いのミラのタイヤ交換!

いつもいつも有難う御座います!

タイヤも幅広いインチをご用命有難う御座います(笑)!

また何かあればいつでも言ってやって下さいね~!!

例の件もお待ちしておきます!

それから常連のH氏は

立て続くメインカー(笑)

の整備など等・・・

かなり快適に・・・

なったんじゃないんでしょうか(笑)?

それより例の部品ですよねぇ・・・

また週末に・・・(笑)

それからN君のA7

とある整備などでのご入庫でした!

多分体感できるかなと思うので

またレポートお待ちしておきますね(笑)

月末の件はまたお話を・・・

それからとあるトラブルでのお引取りのご用命は

N君Z33ロードスター

詳細はLINEとお電話の通りです!

何とか今月中にと思ってますので

またまた進捗報告させて頂きますね~><;!!

?

それからお盆期間中にSOSからのお引き取りは

G君のTTロードスター

早速取り掛かっております

コチラもなるべく早くの納車を目指して頑張りますので・・・

もう少々お待ちになってやって下さいね~><;b

また報告させて頂きます!!

それからコチラもお盆中に事故のSOSでの

S君とそのお相手の

車両のお引き取りや搬送やらアレコレ

詳細は電話の通りです

また色々と報告させて頂きますね!

ちょっとこれまたお時間ください~(-_-;)

テーなてなてな感じで

画像以外にも

またまたいつも沢山の方々の

ご来店にご利用

お問い合わせにご注文・ご相談の数々

誠に誠に

有難う御座います~!!!

いや~しかし

日暮れがホント早くなりましたねぇ・・・

寂しい時期に差し掛かりました・・・苦笑

さてはて今日は

いつまでの営業なんでしょうか・・・(笑)

ではでは

感謝感謝の更新は

一先ず一旦

この辺で・・・。

何とか でかける人を、ほほえむ人へ。

「近頃、方々(ほうぼう)で、妖が出回っていると聞く。」

帝がゆるりと扇子を開く。

「はは。そのようでございます。」

「お前のところで何とかできまいか?」

二宮がゆっくり顔を上げると、帝の顔は御簾越しでも険しく、

その声は、いつもよりやや低い。

「かしこまりました。何とかいたしましょう。」

「ふむ……、お前に任せておけば間違いないとは思うが……。

 特に、峠に出る妖は……なかなかに手ごわいと言う……。」

帝はゆるゆると扇子を仰ぐ。

「峠……でございますか?」

「……相手の弱みを突くのが上手いようじゃ。」

「はぁ……。」

二宮は微かに首を傾げ、言葉の真意を読み取ろうとする。

「女にだらしない者には女の姿で。

 金に目がくらむ者には小判をチラつかせ……。」

帝の扇子が止まる。

「峠の妖は狐と噂でございますから……。」

帝が扇子をピシャリと畳む。

「その化け狐、余の前に連れて参れ。」

「生かして……でございますか?」

「そうだ。生きてここに連れて参れ。」

二宮は息を飲む。

妖退治は退治するだけでも難しい。

それを生かしてとなると……。

「お前なら、できぬこともなかろう?」

二宮も、すぐには言葉が出てこない。

帝の意図はどこにあるのか?

考えを巡らしたが、すぐに良い案が浮かんで来ようはずもない。

二宮が顔を上げる。

考えてもしようがない。

相手は帝だ。

二宮に拒否する権利はない。

「かしこまりました。帝の仰せのように……。」

二宮の声を聞き、ほぅと安堵するように帝が息を漏らす。

「そうか、受けてくれるか。……この件が落着した折りには、

 左大臣の件、考えておこう……。」

御簾越しですら、帝が喜んでいるのがわかる。

「はは、よろしくお願いいたします。」

二宮が頭を下げると、御簾の内の帝が立ち上がる。

スルスルと、衣擦れの音が奥へ消えて行く。

音が聞こえなくなると、二宮はゆっくり顔を上げ、御簾を見つめる。

さて、どうしたものか……。

腕を組み、一頻(ひとしき)り考えるが、何も浮かんではこない。

二宮も立ち上がり、声を上げる。

「これ、誰かおらぬか。」

すぐに、背の高い従者がやってくる。

「こちらに。」

二宮の前に跪き、言葉を待つ。

「すぐに櫻井を呼べ。あやつにしか頼めぬ任がある。」

「はは。」

従者は深く体を沈め、軽い身のこなしで立ち上がる。

「何も言わず、私の前に連れて来い。いいな?」

従者はうなずき、音もなく踵を返す。

二宮はその後ろ姿を見送ると、部屋を出て庭を眺める。

手入れの行き届いた庭に風が流れる。

深い緑と、梅雨の忘れ形見のような紫陽花の青は、夏の暑さを和らげる。

池に漂う錦もまた、疲れた体を癒してくれる。

帝が無理難題を申すは常のことだ。

それを二宮は勘と機転でなんとか切り抜けてきた。

しかし、今回ばかりはそうもいきそうにない。

妖退治だけならいい。

だが、妖を生かしてとなると……。

櫻井でも、できるかどうか……。

二宮は両手を後ろで組んで歩き出す。

なるようにしかなるまい。

ここまで来れたのが奇跡のようなものだ。

左大臣など、恐れ多い……。

そう思ってみても、二宮の野心が疼く。

ここまできたなら、もう少し……。

そう思わずにはいられない。

ならば、櫻井に掛けるしかない。

最近の櫻井は目に見えて成長している。

地相はまだまだだが、占星はなかなか目を瞠るものがある。

だが……あやつの九字は……。

二宮はぶつぶつと呟き、謁見の間から離れる。

櫻井が失敗した時の、次の手を考えておかなければならない。

「何にせよ、面倒この上ないことだけは確か……。」

二宮が深い溜め息をつくと、庭をざざっと強い風が吹く。

「雨が降るかもしれぬな。」

空は一点の曇りのない、清々しいまでの青空。

二宮は目をつぶって空気の匂いを嗅いだ。
 

PR

コメントは受け付けていません。