何とか ニンゲンは、ニンジンだけじゃ動かない。

PR

男はだまって何とか。

先日、打ち合わせしていた時のこと。

いい感じの和食屋さんで「銀鱈西京漬け定食」を食べながら打合せをしていると、

「ズルイ!」「世の中不公平だ!」となかなかのボリュームでグチっている
推定48歳のおじさまがいた。

ある程度大人になってくるとだんだん気が付いてきますが、
世の中って、まあまあ不公平なものなんです(どーん)

「そんなのずっこいぞ!!!」って言いたくなるくらいに。

だって、僕達は、

「世の中は公平であるべきだ!」ってどっかで思っているから。

「それが正しいこと」だと思い込んでいるから。

でも、冷静に考えると、

「世の中が公平であるべきだ!」っていう考え方が
なぜ「正しい」と思っているのだろう。

そう考えた時に、「お母さんが言っていた」、
「学校の先生が言っていた」ってことなんだろうけど、

それが必ずしも「正しい」かどうかはわからない。

ただね、一つだけわかることがあるんだ。

それは「公平であるべきだ」って思い込んでると、

自分が「飛び抜けて出来ちゃう事」は
イケナイ事だって感じちゃう人がいる
ってこと。

だって、「自分が飛び抜けて出来ちゃう事」って
周りの人からみたら「不公平」だからね。

自分が天才的にできる分野であっても、

みんなと同じように、

飛び抜けて出来ちゃわないように、、、

何とか目立たないように、、、、

そんな「公平というルール」を無意識で一生懸命に守っている。。。。。

こーゆー人が鬼多いんだよね。

でもね、そのルールって守らなくていいやつなんだ。

そして、

「公平というルール」を無視して、

「不公平」に大活躍している人

生まれつきカワイイ人

華麗に玉の輿に乗っちゃった人

そのような人達に対して

「ズルイ!」と妬んだり

「チョーシのるなよ!」って嫌ったり

「この生ごみヤローが!」ってゴミ扱いしたり、

そんな事も、もうしなくていいんだ。

それぞれが「不公平」に活躍して、

それぞれが「不公平」に楽しく生きたらいいよね。

「公平」っていう言葉を使って
「人生を楽しむ事をお互いに押さえ込む」のはやめよう。

不公平だから楽しめるんだ。

僕たちはみんな個性が違うのだから。

椎原 崇

椎原崇の情報はメルマガを中心に発信しています。

メルマガは大変多くの方に購読いただいており

「毎日メールが来るのが楽しみ!」

「マンガを読むように読めてめっちゃ役に立つ!」とめちゃめちゃ好評です!!

僕のコンサルや講座、お楽しみイベントはメルマガのみでご案内することがほとんどなので、

ぜひメルマガ登録しておいてください(*^^*)

もちろん無料で、ウザくなったら速攻解除できます。

「椎原崇公式メルマガはこちらから」↓

何とかのカードも利用できる通販ショップ、売り切れたらもう終わり、再入荷はほぼありませんのでご注意を

こんにちは。あすはなです。

少し前にミニチュア制作のご依頼をいただいて、ヨーヨー桶を作りました。

ヨーヨー(水風船)自体は去年も制作したのですが(※去年の記事を見てのご依頼でした)桶を作るのは初めて。試行錯誤して何とか形になりました

ヨーヨー(水風船)の作り方は去年と同じです。

(※参考記事→)

ミニチュア桶を作ります。

2ミリのバルサを使います。底にあたる部分はコンパスカッターで丸く切り抜いたもの、側面にあたる部分はカッターで真っすぐ切ったものです。

バルサはとても柔らかいため、コンパスカッターで切り抜く際穴が広がって中心がズレてしまうので、コツが要るかもしれません。

(※参考記事→)

価格:290円(税込、送料別) (2016/8/9時点)

?

 

 

桶の側面を作ります。真っすぐ切ったバルサを水に浸します。今回は2時間くらい浸しました。

水を吸ったバルサは木の繊維に沿って曲げることができます。とは言えやはり折れやすいので慎重に扱います。

最初に切ったバルサは折ってしまったため再度切り直しました

底と同じ大きさに切ったスチレンボード(今回は5ミリ)に巻き付けて形を作ります。乾くまでセロファンテープでくっつけておきます。

今回はバルサの長さが足りなかったため2枚のバルサを使用していますが、1枚で作ったほうがはるかに簡単だと思います…最初に1枚巻いて形を作り、乾いてから残りの一枚を巻いて形を整え、ピッタリ合うように接続部分をヤスリで調整しました。

完全に乾くとテープを外しても形が残っています。底部分とボンドで接着し、表面を細かいヤスリで整えます。

タガを作ります。細く切った画用紙をこげ茶色に塗ります。

タガをくるりと巻いてボンドで接着して桶の完成です。

ここに水を表現するためのレジンとヨーヨー(水風船)を入れます。

レジンが漏れてこないよう底もしっかりテープでとめます。

レジンは気泡が入らないようにそっと入れます。入ってしまったら爪楊枝でつぶします。

UV照射機(太陽でも可)に入れて固めます。

完成

ミニチュアのヨーヨー桶が出来ました~

*

こちらは去年制作したヨーヨー屋台です。

↓よかったら応援ポチお願いします。

PR

コメントは受け付けていません。