何とかの楽天店舗での激安通販情報、人気の通販店舗情報もあります

PR

何とか いつも、すぐそば。

またまた更新が滞っておりました…
お盆休みもあっという間に過ぎ去りましたね
あれからくるみの様子は変わらず、というか何も起こらないように気を使ってる状態のような…
8月6日の日曜日はグラウンドでの訓練へ。
この日は一年前初めて訓練士さんに来ていただいた日でもあります。
あっという間の一年でした…
訓練を始めて180度くるみに対する接し方も変わり、生活環境も変わり…
それでも噛まれたりいろいろありましたが
この日は「8の字股くぐり」と「招呼」を中心に練習。

股くぐり、誘導なしでもかなり形になってきました

手にオヤツはスタンバってますがね
招呼も走って来てくれると嬉しいです
競技会のCD1を一通り練習。
紐付き脚側行進→紐無し脚側行進→招呼→立止→伏臥
以上5課目。
紐無しでもかなりできるんですが…
一番の問題点がリードの付け外しなんです
外すのは問題ないのに、付けるのがなかなか上手くできなくて…
上手くできないというか、私の気持ちがダメなんです。
首元を触ると、怖さが勝ってしまうんです。
リードの付け外しができないと紐無しの競技には出れないので、何とか克服しなければ
8月9日の水曜日。
この日は4ヶ月ぶりに意を決してシャンプーしました
もちろん口輪をつけて。
もちろんかなり怒りましたよ
でも構わずわしゃわしゃしてたら途中から諦めたのか大人しくなりました
ドライヤーはちょっとだけかけて、あとは外で自然乾燥。
嬉しくて先生にラインで報告
素晴らしいと褒めていただきました
避けてばかりいる飼い主やったからなあ
8月13日の日曜日。
この日もグラウンドでの訓練。
前回と同じような訓練でした。
歩きながらの股くぐりはかなり難易度が高くて、私の方がぎこちない(^^;;
そして、17日の木曜日は2週間ぶりの出張訓練。
リードの付け外しを克服するために、口輪を付けて触る練習を復活することに。
4月のご飯の後に噛まれてからは触る練習はやっていませんでした。
口輪を付けてるので向かってきても噛まれることはないとわかってるけど、やっぱり怖さでドキドキ…
先生が触るとお腹を出して甘えるくるみ。
私に交代すると、いきなり怒りだす…
私の態度がくるみを不安にさせているんです。
家の中ではくるみを伏せさせて、ただ側にいる練習…
こんなことほんとは練習することではないんですが…
訓練前は側にいるだけで、触ったり嫌なことをしてるわけでもないのにいきなり噛んでくることも。
これも、先生がやると背中を向けて座ったり伏せても足を崩したりしてリラックスしてる感じ。
でも私がやると、真正面を向いて私から目を離さない

常に臨戦態勢なんですよね

これも私の態度のせい…

もっとくるみを信用してあげないと、くるみも私を信用してくれるはずがない
シャンプーは何とかできたけど、やっぱりまだ怖さが態度に出てしまってるようです

もっと信用してもらえるような飼い主にならないと…


とりあえず、出張訓練は1ヶ月に1回のペースでお願いすることになりました。

あとは私たち飼い主が毎日の生活で頑張っていきます

L.A.で何とかが問題化

先日は、コメントやメッセージ、LINE

などで、たくさんの方々にご心配頂き、
ありがとうございました。
色々なアドバイスを頂き、感謝の気持ち
でいっぱいです
救急外来を断られた土曜日、
全く食欲が無かった息子に、
「お昼にマックが食べたい」
と言われ、近くのマックまで走りました
ベーコンレタスバーガーを、何とか完食
してくれて喜んでいたのですが・・・
夕方からさらに熱が上がり、次の日の
朝には若干下がるものの、また夕方には
39度まで上昇。ほとんど何も食べること
もできず、不安な2日を過ごしました
ようやく昨日の朝1番で、専属看護師の
Yさんに連絡すると、直ぐに受診できる
ことになり、急いで病院に向かいました
病院に着くと息子も安心したのか、
フラフラ状態になってしまい、外来
の椅子に座っていることも辛そうで、
ベッドを用意して頂きました。
診察の結果、副作用による発熱なのか、
腫瘍による発熱なのかは、今の時点
では判断できないとのこと。
1番心配していた間接性肺炎などの
兆候はなかったのですが、高熱に
よる脱水症状が出てしまっている
ため、緊急入院することに・・・
泌尿器科の病棟はいっぱいで、大部屋
は満室状態。個室での入院となりました。
腫瘍による空咳も続いていたので、
個室が空いていて逆に良かったです
ここの個室は、テレビ、トイレ、洗面台
、シャワー、トイレがついていて、部屋も
明るくて快適です。少々お値段は高い
のですが・・・仕方がないですね
昨日の夕方から点滴治療が始まり、
同時進行で詳しい検査が行われる
予定です。何とか回復し、このまま
治療が継続できることを願っています。

PR

コメントは受け付けていません。