何とか 京橋はええとこだっせ

PR

何とかで可愛く

今日も暑かった?




明豊勝ちましたね
ベスト8
5ー1でリードしていたので勝ったなぁ?と安心して出掛け、出先でたまたまテレビを観たら…
何と同点に そして延長…
もうハラハラドキドキでした
勝って良かった 次もガンバレ?

先日のお話しです。
毎日2つのバイトに勤しんでいる長女
この日も1つ目のバイトを終え次のバイトへ…
しかし
洗濯した制服が乾いていない
ジメッてます…
もうそのまま持っていくかなんて言うので、急いでコインランドリーに行って乾かし、そのままバイト先へ送って行くことにしました。
いつもは、バスに乗ってバイトに行きます

バイトに入るまで少し時間があると言うので、クーポンを使ってこちらを

キーライムクリーム&ヨーグルト フラペチーノ 果肉入り

美味しかったです
短い時間でしたが久しぶりに長女と2人の穏やかなひと時でした
その後、長女は乾いた制服持ってバイトへ行きました。




夏休みも後少しですね。
幼稚園でキャンプに行った息子…
キャンプ場での行程を終え2日目のお昼頃、幼稚園に帰って来ました
バスの中から私に気づき笑顔で手を振ります
が…額には冷えピタが…
その日の朝、担任の先生から電話があり
「咳が酷くなりよく眠れず、今朝からグングン熱が上がって今39℃あります」と…
息子、熱を出して帰ってきました。
でも熱がある中でも帰る準備など頑張って自分でしたそうで、何とか全ての行程に参加できたようで良かったです。
その後2日間、40℃近い熱が続き咳も酷く、食欲もなく…流行りの手足口病かもと思い用心していましたが、何事も無いまま完治し元気を取り戻しました
笑顔で出発したけど、実は不安だったのかなぁ…
お盆に主人の実家に泊まる?と聞いたら
「もうキャンプで泊まったけん、いい!ママと寝る!」と、家に帰って私と寝ることを強く希望していました 可愛いわ

次女…夏休みの宿題が終わりません
が、全く慌てる様子もありません… 
母の方が焦ります 大丈夫だろか

何とかについて押さえておくべき3つのこと

繰り返しの力は大きい。

 

部屋の中のモノは見慣れてくると、

あって当たり前の状態になってしまい

片づかないけど、捨てられないものになっていきます。

 

 

どんなにひどい惨状になっていようと

見慣れてしまえば、それが普通の景色になってしまいます。

タワーマンションの上層階に住んでいる人にとって

どんなに感嘆すべき景色でも

何度も見ているうちに平凡な景色になってしまうのと同じです。

 

そのものの価値は決して下がりませんが、

何度も見ているうちに、どんなに価値のあるものでも

使っていなければ、飽きてしまえば

役に立たないものになってしまいます。

 

そんな繰り返しが習慣になっていくと

家中、価値はあるけれど、役に立たないモノばかりになってきます。

 

習慣には身につく習慣とそうでない習慣

良い習慣と悪い習慣があり、悪い習慣は簡単に身につきます。

 

早寝早起きにしても隙間時間の活用にしても

そういった良い習慣は、なかなか身につかないのも現実です。

 

片づけも最初のうちは楽しい。

どんどんきれいになっていく。

収納グッズも揃えて、クローゼット中もぴったり収まっている。

Tシャツだって、お手本通りに畳んで収める。

もちろん色も揃えて、まるでブティックのショーケースのようです。

 

ここまでは楽しい。

 

ここから先が地獄の始まりなのです。

 

毎日、そこから出して、洗濯をして、畳んでしまう。

この一連の作業を習慣にしようと思っただけで

義務となり、重荷になり、苦痛に変わります。

 

せっかくきれいに畳んでしまってモノを

出してグチャグチャにしてしまうのがもったいないと思って

そのままにしてしまう。

きれいに収まっているところから

出すには惜しいけれど、着なくてはいけないし一枚抜き取り着る。

洗濯するほどでもないけれど、一度着たものをそこに入れるのは気持ち悪い。

それに、きれいに畳んで収める時間もない。

 

 

「そうだ、時間ができたら、洗濯したらきれいにしまおう。」 

「ならば、ちょい置きスペースやちょい置きBOXがあればいいのだ」

 

と、気が付けば、先延ばしスペースが作られていきます。

 

きれいに畳んで収めたからっといって、

ご褒美クーポンが出るわけでも

ワンステージ上がるわけでもありません。

出しっぱなしや、だらしなさなさが頭をもたげ

それを気に病むようになって、ストレスになる。

 

解決策としては、完璧主義をやめること。

 

モノが捨てられないのも、

今は見当たらないけれど、あの山のように積もった中に

探せばあるという当てのない安心感だけなのです。

安心していたいのは、不安だから。

なかったらなかったで何とかなると思えば、もっと安心で不安はなくなります。

モノを持ち続けることは、

最終的に重荷になり苦痛に変わり、ストレスの原因になります。

ストレスがたまれば、不眠になり、健康を害する。

 

まるで風が吹けば桶屋が儲かると同じ現象です。

 

良い習慣も続かなければ、

重荷に変わり、苦痛になります。

 

 

完璧を求めない習慣も

身につけたほうが良い
のかもしれません。

 

PR

コメントは受け付けていません。