製鉄所バカ日誌6

PR

秋だ!一番!製鉄所祭り

今回も来日当初のエピソードを少し書いてみました。

Today I will share some more episodes from when I first came to Japan.



当初は、言葉以外に日常生活でも苦労しました。例えば和式トイレを見たのは初めてだったので使い方が理解できず、しゃがむのではなく、洋式と同じようにペタッと座ってしまいました。

When I first came to Japan, aside from the language, I also struggled a little bit with everyday living. For example, the first time I saw a Japanese style toilet, I had no idea how to use it, so I just sat down on it like a Western toilet rather than squatting.



まだセントラルヒーティングではなかったので、私は石油ストーブを初めて見ました。ある日、濡れた靴を乾かすためにストーブの上に置いたら、靴は焼けてしまいました。

There was no central heating, and this was the first time I had seen a kerosene heater. One day I set my wet shoes on top of the heater to dry them out, and of course my shoes got fried.



正月に人の家に呼ばれたとき、黒い固まりの食べ物があり、大好物のクランベリーゼリーだと思って口に入れたら、小豆のあんこでした。そのトラウマのせいか、いまだにあんこが嫌いです。

At New Years we were invited to someone’s house. There was a large, dark blob of something which looked like jelly. I assumed it was cranberry jelly, which I really like, but when I took a big bite, it was black bean paste (anko). I have never recovered from that trauma and still don’t really like anko.









しかし、刺身を初めて食べたとき、美味しいと思いました。仲間がいたずらのつもりで餃子を私に食べさせた時も、私が美味しいと言ったので仲間はがっかりしました。

However, the first time I ate sashimi (raw fish) I thought it was really good. (Originally I wrote "sushi" in English, but I meant "sashimi.") Another time, my companion thought he would play a joke on me and feed me some gyoza, but I actually thought that was good, too, so he was really disappointed.



福岡の人たちは博多弁で会話してましたが、私には標準語で話してくれました。その為、博多弁を覚えられませんでした。その後、長崎県佐世保市に赴任したときは、長崎弁を少し覚えましたよ。


博多弁ver アナと雪の女王 完全版 

Although the people in Fukuoka spoke in Hakata dialect, they spoke standard Japanese to us. That’s why I never learned Hakata dialect. However, when I later lived in Sasebo, Nagasaki Prefecture, I picked up Nagasaki dialect.



自分の部屋には暖房も冷房もない時代でした。冬はきつかったですが、夏は扇風機の風さえあれば比較的に楽に過ごせました。今年の夏、東京の家の冷房が壊れて、一週間使えなかっただけで生き地獄だったのに、どうして昔は比較的楽に夏を過ごすことができたのか、考えてしまいました。


この世の地獄 (閲覧注意): 


In those days we didn’t have heat or cooling in our rooms. Winter was rough, but summer was relatively pleasant because there were fans everywhere. This year the air conditioning in my house in Tokyo broke down, and it was like living hell for a week until I could get it repaired. I couldn’t help thinking to myself, “Why was the summer heat not such a big deal back then?”.



人が多くて、電車でも歩道でもどこでも混んでいるのにはびっくりしました。人間がこんなに集中して生活できることが不思議でした。しかし効率的だと感じました。バスや路面電車(当時地下鉄や高速道路、新幹線はまだ九州になかった)は時刻通りに走るし、人と会う時もみんな約束の時間を守っていました。

I was surprised at the crowds. The trains, sidewalks, and everywhere were crowded with people. I marveled that so many people could live together in such density. I did, however, think that it was very efficient that way. The busses and streetcars (in those days there were no subways, expressways, or bullet trains) ran on time, and when you had an appointment with someone, they were generally very punctual.



一方、福岡市内の道路拡張整備がまだ終わっていなかったので、自動車は全くだめでした。ちなみに私は、九州で運転免許を取りました。その免許は今日に至るまで更新して使っています。

On the other hand, Fukuoka City had just begun widening the streets, so traffic was horrible. By the way, I got my Japanese driver’s license in Kyushu. I have renewed it over and over and am still using that license.


その後、北九州に赴任したときは、国道沿いのすし屋の3階に住んでました。九州と本州を行き来するトラックは、すべて私たちの家の前を通ります。当然、排煙、騒音、ほこりがすごかったです。

After that I was assigned to Kitakyushu City, and we lived on the third floor of a sushi shop facing a national highway. All the trucks traveling from Kyushu to Honshu passed in front of our house. Of course the exhaust, noise, and dust were awful.



夏場は窓を開けて生活をしています。そうすると朝食が終わった後に食器を洗っても、昼食を食べる前には、その食器をもう一度拭く必要がありました。洗濯物を屋上で一時間以上干したら、もう一度洗濯することになります。当時は八幡製鉄所などが最盛期でしたし、環境や公害に対する日本人の意識はまだ低かったです。


In the summer we had the windows open all the time. We would wash the dishes after breakfast, but we would have to wipe them off again before we could use them for lunch. If we hung the laundry out to dry on the roof for more than an hour, we would have the wash the clothes again. Those were the peak years for the steel mills in Yahata, and Japan had not yet begun to tackle the issues of environment and pol
lution.



2年間のうち、2カ月だけ山口県の柳井市に住むことができました。ちょうど9~10月の農作物の収穫の時期で、気温も過ごしやすかったです。そのときに、日本の豊かな自然を楽しむことができました。

During the two years of my mission, I spent two months in Yanai City, Yamaguchi Prefecture during September and October when fruits and vegetables are in season and the temperature is perfect. It was then that I was able to begin to appreciate the natural beauty of Japan.



沖合に大島という島があるのですが、ある日、人を探しに行って、その島を一周しました。現在のような四角い畑ではなく、段々畑が山の上まで続いていて、まるで絵本を見ているかのような神秘的な光景でした。

There is an island called Ohshima just off the coast, and one day we rode the bus until it ended, and then walked around the island looking for a certain person. The rice fields were not square like they are now, but were arranged like stairs all the way up the mountains. It was truly an impressive sight, almost unreal, as if it had come straight out of a photograph.



みかんの色が変わり始めたころでした。昼時にある家の人に道順を尋ねたら、その人は見知らぬ私たちを家の中まで招いて、昼食をご馳走してくれました。これこそが古き良き日本だと感じました。

The tangerines (mikan) were just starting to turn orange. Around lunch time, we asked for directions at someone’s house, and that person, whom we had never met before, invited us into their house and fed us a delicious lunch. This cemented in my mind the image of the “good old days” in Japan.


だってその当時、私達はインターホンのボタンを押すのではなく、カギの掛けられていないドアを開けて玄関の中まで入り、「ごめんください」と言っていました(福岡市内では当時すでにダメでしたが、ほかの地域では普通にできました)。


In those days, we never rang a doorbell. We just opened the unlocked door, stepped into the entry (genkan), and called out “gomen kudasai.” (In Fukuoka City this had become impossible, but in all the other areas where I served, this was still common practice.)


先日、アメリカ人の友人と話しました。今となっては、日本(というよりは東京)はすごく暮らしやすくなりました。物価も下がったし、いろいろな面で整備が進みました。しかし「昔のほうが楽しかったなぁ…」と二人で話しました。

The other day I was talking with an American friend. We discussed how Japan (or more precisely, Tokyo) has become so easy to live in. Prices have gone down, and city has been thoroughly modernized in every respect. But we both commented that “It was a lot more fun in the old days.”


当時の私たちは、日本での日々の生活を、冒険のように感じていたのかも知れません。

That may be because even just daily living in Japan was a huge adventure for us back then.

製鉄所 街をつなぐ、心をむすぶ

アイゼンベルグ家は日本と密接に関係している

アイゼンベルグ家はイスラエルと関係が深く、MI6と共に「モサド」や「CIA」の設立にも関わっていました。特に、日本国籍も有していたショール・アイゼンベルグが有名です。

アイゼンベルグと関係の深い日本人では、永野重雄、里見甫、中曽根元総理、麻生元総理などがいます。黒い貴族を記事に書いても、多くの読者は自分と関係ないと考えています。果たしてそうでしょうか? 例えば、日本の原発はアイゼンベルグ社が間接的に管理しています。原発問題に関心がある人は、この記事は必須です。

アイゼンベルグ家を身近に感じてもらうために、原発と水道の問題から見ていきましょう。

日本の原発を管理するアイゼンベルグ

核によるイスラエルの極東支配

北朝鮮の核とアイゼンベルグ

北朝鮮=スイスの闇 オルタ

北朝鮮は核兵器開発に際し、その資金の一部をABTから「融資」されている。このABTと、そのボス=アイゼンベルグ社の経営幹部が、前ブッシュ政権の副大統領ディック・チェイニー[]である。

※詳しくは元記事をお読みください。

日本の水道を売り飛ばそうとする売国奴 麻生一族

アイゼンベルグ>仏ロスチャイルド>麻生一族

アイゼンベルグ社>ヴェオリア社>麻生セメント

【水道民営化】麻生太郎副総理兼財務相が言及 2013年4月19日 G20財務相・中央銀行総裁会議 CSIS戦略国際問題研究所  

「麻生副総理のCSISでの講演で「水道を全て民営化します」:HEAT氏」 (晴耕雨読) ※阿修羅

麻生太郎の水道民営化発言の

のつづき

水道を実際に民営化した市があります。

その松山市がどうなったのか、書いてあるブログを発見しました。

以下引用

水道民営化とは何か?

では、松山市ではどうなったか?

 松山市上水道料金

 料金表(月額)従量料金
     メーター口径13ミリメートル・20ミリメートルの場合(月額)用途

  段階使用水量( 1?につき )

           平成 23?25年   26年   27年   28年 度
  一般用
   第1段( 1? 10? )     15円   20円   30円   35円
   第2段( 10? 20? )   100円  115円  135円  155円
   第3段( 20? 30? )   105円  145円  185円  230円
   第4段( 30? 50? )   110円  150円  200円  255円
   第5段( 50?100? )  115円  155円  205円  260円
   第6段( 100?500? ) 115円  160円  210円  265円
   第7段( 500? ?   )  115円  165円  215円  270円

  公衆浴場用
   第1段( 1? 10? )   35円   35円   35円   35円
   第2段( 10? ?   )  90円   90円   90円   90円

                ※消費税及び地方消費税は含まれております。

  松山市がフランスヴェオリアに委託(民営化)してから
  料金が2.5倍くらいになってるじゃねえかw

Rothschild-121 麻生太郎

アイゼンベルグ社、昭和通商、三井・三菱財閥の日米マフィア連合とイギリス系のサッスーン、ジャーディン・マセソンの、中国での阿片利権の戦いがあったのです。

今日、アイゼンベルグ社の大株主が、アメリカの副大統領をつとめていたディック・チェイニーで、彼の経営する傭兵会社ブラウン・ルート社の特殊工作部隊は、アイゼンベルグ社が軍事訓練を施しており、アメリカの政治家、軍需産業と、このアイゼンベルグ社のつながりが分かると思います。

アイゼンベルグは、第二次大戦中、戦後に建国されるイスラエルをいかに発展させるかを、日本をモデルに、明治以来日本がどのように産業を育成・発展させてきたかを学びに来ていました。 特に、日本政府が八幡製鉄所をつくり、経営が軌道に乗ったところで、民間に払い下げをするやり方について、アイゼンベルグは十分に学び、イスラエルの産業発展に貢献しています。

アイゼンベルグ社の経営者、ショール・アイゼンベルグは、1940年に新日鉄の会長であった永野重雄の娘と結婚しており、自民党の麻生太郎の麻生セメントの親会社が、ラファルジュ(フランスのセメント会社)で、そのまた親会社がアイゼンベルグ社であります。

※赤字強調は私です。

ラファージュホルシム wikipedia

ラファ―ジュホルシム(: LafargeHolcim Ltd.)は、・・に本拠を置き、世界90カ国以上で、、等の製造・販売を行う企業。7月、スイスのホルシム(Holcim Ltd.)とのラファージュ(Lafarge S.A.)の経営統合により設立された。のなどと共に、セメントメジャーの筆頭に挙げられる。・上場企業(: 、: )。

での事業は、とのであるによって行われている。

ヴェオリアは、仏アレヴァALPS(フクイチ浄化装置)を開発

低レベル放射線廃棄物の処理に関わっている、まさにマッチポンプ。

補足

安倍家と麻生家の家系図を辿ってわかった歴代総理の異常な親戚関係

日米首脳会談でトランプ政権が麻生財務相の同行求め臆測 安倍氏と会うメリットなし?

麻生 家系図 画像検索

アイゼンベルグ子会社ラファルジュの顧問弁護士だった
ヒラリー・クリントン

ヒラリー・クリントンも…

ヒラリーは、当時米国の敵国であったソ連=ロシアの石油を、密かに黒海の港から密輸していたタンカー会社ラファルジュの顧問弁護士でもあった。そのラファルジュの親会社がドレフュス社であり、このドレフュス社が現在、日本に対してコメの輸入自由化を強硬に要求し、日本の食糧自給破壊の先兵となっている。世界で始めてマシンガンを開発し、マシンガンによる「大量殺戮」と戦争による死傷者の増大を生み出した兵器密輸商人ベージル・ザハロフの創立したドレフュス社の親会社が、イスラエルの金融企業イーグルスター社であり、イーグルスターの軍事部門がアイゼンベルグであった。

2008年現在、北朝鮮の核兵器開発を担当するこのアイゼンベルグ社は、核兵器製造の専門企業であり、また第二次世界大戦中から中国でのアヘン売買を支配してきたサスーン財閥の後継者であり、「母国」は中国であった。アイゼンベルグ社の中国における麻薬販売のパートナーが、吉田茂元首相と岸信介元首相であった。アイゼンベルグの資金提供により吉田も岸も日本の首相になった。吉田の孫が現在、次期首相候補の一人とされる麻生太郎、岸の孫が前首相安倍晋三である。

ここに、現在の日本の首相(候補者)の資金源が見える。

そして、日本を第二次世界大戦に引きづり込んだ東条英機首相の政治活動資金もアイゼンベルグから出されていた。

トランプ政権にもアイゼンバーグが…

ある王族によると、米国の悪魔崇拝のトップはドナルド・トランプがイタリアの米大使として選んだルイス・M・アイゼンバーグである。一方イタリアではアイゼンバーグは法王フランシスに敵対するthe Agnelli Brothers, Victor Emmanuel, Leo Zagami 他の上級悪魔崇拝主義者(CIAとNSAの情報源による)と共謀しようとしていたのは間違いない。

アイゼンバーグはまた、日本軍諜報機関によるとロスチャイルドファミリのフランス支部によって支配されるセメント複合企業を通じて日本の財務大臣麻生太郎経につながりを追跡されている。麻生は日本の公的所有の水資源をロスチャイルド支配会社に売り始めたので公にされようとしている。水は生命に必要なものであり、それを賄賂の代わりに日本国民から盗むことは許されないだろうと、地下世界の情報源は言う。

日本とも関係の深いショール・アイゼンベルグ

ソロスに背後の大物:アイゼンバーグ

Shaul Eisenberg ※英語版wikipedia

イスラエル・コーポレーション wikipedia

Israel Corporation (“Israel Corp.”) (????? ?????? ) は、イスラエル最大の

イスラエル・コープは、投資奨励法を外国投資を惹きつけるものに変えた当時の財務大臣であったのの主導の下、イスラエルの歴史上で最初の戦略的外国人投資家により1968年に創設された。その変更は、この会社の所有者の30年間の税免除と、他に利益の受け取りを保証するものであった。 この会社の株式は1969年、1970年、1974年、1982年に公開で売り出され、この会社は1982年にテルアビブ証券取引所に上場した。 1998年にシャウル・エイゼンバーグが死去した後、エイゼンバーグ家はこの会社の経営権をオフェル家に売却した。

アイゼンベルグとマーク・リッチ

マーク・リッチ wikipedia

ロスチャイルド代理人を皆殺しにするアイゼンベルグ

サッスーン財閥とジャーディン・マセソン商会 

しかし、サッスーン=アジア進出のロスチャイルド組織は、イオリア・シュヘンベルグ・・・・じゃなかった、ショーン・アイゼンベルグによって乗っ取られる事になる。

イスラエルの諜報組織、モサドを作った一族であるアイゼンベルグは、ロスチャイルド子飼いの部下、戦前から中国アヘンを仕切って来た中国在住のサスーン一族を皆殺しにしているわけです。

麻薬とアイゼンベルグ

某HPより要約引用 内藤聡 facebook

日米戦争=日本と米国の対立・戦争は「茶番劇」であった。1930年代、米国議会に日本との戦争実行を強く働きかけていたのはブッシュの経営するハリマン銀行社長エイブリル・ハリマンであり、日本との戦争に備え米軍が兵器を大量に購入し始めると、その兵器を製造し「金儲け」に専念し始めたのもブッシュのハリマン銀行の支配下にある軍事産業であった。米国政府に武器を売り付け「金儲け」するブッシュ一族は、同時に部下のブルームを使い、日本に兵器と軍事物資(鉄鋼製品、ニッケル、チタン等の希少金属)を販売し利益を上げていた。また、日本に鉄輸出を禁止し、米国国内での「日本との開戦論」をアオった悪名高い「ハル・ノート」の起草者コーデル・ハル国務長官は、ブッシュの顧問弁護士だった。

第二次世界大戦で日本人と米国人が戦争で殺し合う、その兵器は日米両方ともブッシュ一族が製造し、殺し合えば殺し合う程、ブッシュ一族に大金が転がり込む仕組みになっていた。実はこのブルームくんの弟子が、現在財務大臣のマフィアもどきである。

ブルームが日本軍に納入した兵器、軍事物資の代金は、日本政府直属の麻薬密売人、里見甫(はじめ)が全額支払っていた。日本が中国に侵略し建国した満州帝国で麻薬密売を担当し、日本の戦争資金を作っていたのが里見であった。ブルームがブッシュの命令で日本軍に兵器を運び込み、里見が支払う。里見はブッシュ=CIA=ブルームのパートナーであった。そして里見の麻薬ビジネスのパートナーには、後にイスラエルを建国し、世界最強のスパイ組織モサドを創立するショール・アイゼンベルグがいた。

また、里見の麻薬密売組織の部下には、吉田茂(後に自民党総理大臣、2007年現在の外務大臣麻生太郎の祖父)、佐藤栄作(後に自民党総理大臣)、池田勇人(後に自民党総理大臣)、岸信介(後に自民党総理大臣、2007年現在の安倍晋三首相の祖父)がいた。日本の自民党と歴代総理大臣がCIAの対・日本工作として「作り出され」て来た歴史が、この中国麻薬密売組織の中に明確に浮かび上がって来る。

中国の裏社会に通じた里見は軍の密命を受けて上海で阿片販売のボスとして君臨した。関東軍の財源は阿片に依存しており、阿片の産地を求めるように日中戦争の戦線は拡大されていった。数十万人の中国人を
阿片で廃人に貶めた「20世紀の阿片戦争」でもあったわけだ。関東軍はこうした汚れ仕事を里見甫などに任せ、憲兵や特務機関員を介在させて資金を吸い上げていった。関東軍の意を体したもう一人の汚れ役としては、大杉栄を暗殺した甘粕正彦が隠然たる権勢をふるっていたという。里見は阿片によって得た莫大な利益の半分を蒋介石側に、残りの半分を日本側の傀儡であった汪兆銘と関東軍に上納していたという。阿片マネーのもとには児玉誉士夫、笹川良一といった有象無象も群がっていた。

      

敵であるはずの米国が日本の軍事力の増強の中心にいた

里見甫 wikipedia

保留

中国秘密結社とアイゼンベルグ

補足

永野重雄 wikipedia

中曽根康弘 wikipedia

イスラエル諜報特務庁(モサド) wikipedia

オフェル・ブラザーズ・グループ wikipedia

 

管理人コメント

アイゼンベルグ家は日本人の生命に直結する原発を管理しています。しかも、彼らの子会社が放射性廃棄物を処理している事がわかりました。さらに、日本の水道にまで手を出そうとしています。集団ストーカーシステムとはこういった黒い貴族の事業を円滑に進めるための、諜報実験の側面もあると私は仮説を立てています。

そうして、磨き上げた諜報技術は反原発運動家などに向けられて、彼らの邪魔者を消すのでしょう。熊谷あさ子さんもその一人かもしれません。

私は繰り返し、集団ストーカーシステムは科学と融合し現在急速にそのシステムが日本中に広まっていると警鐘を鳴らしています。また、システムが完成すればこのシステムは全日本人を対象にすると忠告しています。他人事ではありません。私がわざわざ遠回りして、アイゼンブルグ家の事を書くのも真実を知ってほしいからです。

黒い貴族は、あらゆるIT・ネット関連企業を所有しています。ネット上の情報操作された集団ストーカー情報には気を付けてください。そして、現実を認識してください。

次のターゲットはあなたたちと、その子孫なのですから…。

最後に、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

※インターネットの原型を生み出した。

※情報が入り次第追加します。

ベルギー ランベール一族 メモ

世界を支配する者たちの隠された歴史

イスラエルのランベール銀行は、元々、ベルギーの貴族ランベール一族が創立した。

ベルギーは元々オランダの一部であった。ベルギー貴族は、ロイヤル・ダッチ・シェルのオランダ貴族の姻籍である。

神の国イスラエルを「先に作り」、そこを拠点として世界中に戦争を仕掛け、全人類を絶滅させる事で神の地球への再来を早めようと考える、さらなる急進派の少数精鋭部隊が精選された。

この急進派が1948年、パレスチナの地にイスラエルを建国する。

この急進派の中核となる実働部隊が、イスラエルのアイゼンベルグとブロンフマン一族である。

ブロンフマン一族は、初代からベルギー貴族ランベール一族と血縁関係にある。

現在、デル・バンコ一族はスコシア・モカッタ銀行の共同経営者となり、1948年、この銀行が経営するイスラエル・レウミ銀行がイスラエル建国資金の大部分を出資した。

イスラエルを中心とした「神の国」の再臨、それはイスラエルを中心とした世界統一政府による中央集権管理体制であり、その実験は現在EUによって行われている。
EUの本部はランベール銀行ブリュッセル支店の重役室の中にある。それはEU統一の実験の目的がどこにあるかを示している。EUと米国を動かしているのがイスラエル、ランベール(地下経済)とデル・バンコのオフショアであるという実像
が浮かび上がって来る。

追記 保留 

yahoo! 検索 黒龍会 永野重雄

PR

コメントは受け付けていません。