絶対失敗しない製鉄所選びのコツ

PR

製鉄所 スペース・テクノロジー

先日、銀行で用事があって神保町まで歩いて行って、用事済ませたついでに古本屋のぞこうと思って、いつもどおり文華堂に立ち寄ったら、店先に積まれてました。昭和35年の雑誌『丸』。

200円でした。特集で戦艦大和・武蔵を特集してるんですけど、表紙がなぜか戦艦陸奥という不思議な感じ。
パラパラ読んでると、大和型の写真が少ないのに気づいて、よく読むと、どうも昭和35年の時点ではまだ大和型の写真は市中にそんなに出回っていなかったらしいですね。
阿川浩之が書いた『軍艦長門の生涯』はかなり面白かった。ただ著者が海軍が好きすぎてそこが少し押しつけがましいところもあった(笑)。陸軍に召集されてミンドロで捕虜になった大岡昇平は、基本的に軍部が嫌いだけども、海軍か陸軍かどっちか?ていえばたぶん陸式なんでしょうね。『レイテ戦記』の中で海軍のことを陸軍のときよりもかなり気持ち乗せてディスってるところがあるし(笑)大岡と阿川が戦争について対談してるの読んだことあるけど、お互いの体験や著作を褒めあってて、それはもう阿川が陸軍を褒め、大岡昇平が海軍を褒める感じでもあり、最終的には「軍部はおかしかった」というところに落ちをもっていって、なんかもう別の意味で興味深く読みました。
阿川の本には「陸奥長門は日本の誇り」なんてカルタが昔は売られていたと書いてある。大和とかそういう艦は存在しないことに長い間なってたから、戦時中にたとえば「無敵のくろがね武蔵大和」なんてカルタ札は作られることはなかったんでしょう。
戦争終わって15年だと、まだそういうのの空気感がバリバリ残ってるのが、この号の読み物からもうかがえて、
武蔵撃沈の瞬間を砲術士官的な立場のかたが回想して書いていて、そこには「多くの遺族の方が、自分の子息やご主人の最後にかかわる場面の様子を、一言でも多く読みたいと思っておられるだろうから、すでに多くの回想が出ているけれども、ここに私が見たものを改めて書いておきたいと思う」という感じのことを書いていて。
体験を文に残すことの重さは、すごく重く読みました。
大和武蔵の特集よりも、最初は広告に目が行って

?

製鉄所の広告とか丸にふさわしいですね。八幡製鉄所の広告もありました。

長門型は、国民にも広く知られたし、世界もこの二大巨艦を脅威に感じていた。シーパワー、パワーバランス。そこに浮かんでいることだけで抑止力を持っている。大戦間の建艦競争と軍縮条約という、いわば冷戦、冷たい海戦とでも言いましょうか。そういうのの象徴が陸奥長門だったと思います。
彼女らはその後ホットウォーも経験し、陸奥は爆沈事故、長門は最後まで生き残り、周知のように原爆実験の標的艦になった。
武蔵を仕留めるのに米の飛行隊は航空魚雷を確か24本。大和のときは10本だった。子どもの頃は単純に被雷本数で行くと武蔵のほうがすげーとかクラスで友だちと話してて、でも開戦劈頭にマレー沖で沈められた英国のレパルスが20本受けていたと知るに及び、レパルス恐るべし、などと、やっぱり数が多いほうがすごいという感じでいた子どもの頃。でも今もその感覚にさして変わりはなく、いまだにほにゃららの国内出荷が前年比で上回ったか下回ったかみたいな記事ばっかり書いてます。

春はあけぼの、夏は製鉄所

こんにちは。

梅雨シーズンで暑いし湿気もすごくて、体力が奪われる日々が続いていますね。

カードショップなので、湿気は大敵!この時期は神経をもつかいます。

そんなお疲れ気味の体にエネルギーを与えるため、今回はコチラのお店に行きました。

 

「極味や 大名店」

天神でおいしい焼肉屋さんといえばココ!とおすすめされる焼肉店です♪

太陽モチーフの看板がキュートですね。晴れる屋のロゴも太陽モチーフなので親近感を勝手に持ってしまいます。

早速店内へはいります!

店内は平日にもかかわらずお客さんがいっぱい!

カウンターもあって、御一人様にも優しいですね。

メニューを見ると、お得な食べ放題コースが!

女性グループだと飲み放題が1000円になるとは安い!

レディワンあととか、お誘いしたら来てくれる人いるかなあ…。

食べ放題も魅力的ですが、せっかくきたので、普段食べないような盛り合わせを選びました!

タンテキがおいしそうな「お得盛」を注文!

間もなく「お得盛」が登場!!

思った以上のお肉の量・・・!!

そして霜がすごい降ってる!!!

気になるお味はどうなのでしょうか?!

早速焼いていきます!

手前からカルビタンテキ上カルビです。

ジュージュー焼かれていく中、お肉の脂が光り輝いて神々しい・・

まず手前でジューシーに焼かれていたカルビをいただきます!!

程よい脂のあまさと赤身のジューシーさがたまらない!!

上カルビでは?と思うくらいのおいしさ。

次は上カルビ

霜降り具合が半端なかったですが、

見た目通り、脂身が多くて舌の上でとろけていってしまった・・・

さらににタンテキ

牛タンてこんなに厚いもの?ていうくらいにあつい

これだけ厚いのだから、歯ごたえがあるだろうと思ったら、

すごい柔らかぁ!ふわふわプリプリ。語彙力が低下するおいしさ。

まるで私の体は製鉄所 胃は溶鉱炉のようだ

どんどん焼いていきます!

手前から上ロース豚肩ロース

上ロースはしっかりとした赤身に甘い脂身がおいしい!

そしてこの豚肩ロースみてください。

犯罪的な脂ののりっぷり・・・!!

牛肉とは違った脂身の甘さ!そしてしっかりとした赤身で食べごたえ!

最後にせせりです。

牛や豚ともちがう、あっさりしたおいしさ。

弾力があって最後の焼肉としてぴったり☆

4000円でこれだけ上質でおいしいお肉が楽しめるなんて・・・

盛り合わせだけなく、せっかくなのでおいしそうな牛トロ寿司も注文しました。(盛り合わせを注文すると、この牛トロ寿司4貫を500円で食べれちゃうんです!)

サシすごすぎ!!もう見た目だけでおいしいとわかる!

いただきます。

 「・・・・・・・!!!!」

 

 

 

たまらない!!

とろける脂身!酢飯のおかげでさっぱりといただけました!

すべてのお肉が文句のつけようもないくらいおいしいなんて、「極味や」はなんてハッピーな焼肉屋さんなのだろう!

ごちそうさまでした!!

後日…

「ああ、極味やにまた行きたいなあ…」

「だけどそんな毎日行けるものでもないし・・・」

「ん?」

 

なんとこのお食事券、大会の優勝賞品なのです!!!

今週末7/1(土)晴れる屋福岡店にて「モーレツ!『極味や』お食事券争奪モダン」を開催します!

このブログで紹介した、おいしいお肉をお得に食べたい方!!

奮ってご参加ください!!

「極味や大名店」の店舗情報は

ではまた!

PR

コメントは受け付けていません。