いい走り。いい生き方。製鉄所

PR

製鉄所 男はいつだって、目を見開いたまま夢を見ている。

こんにちは。
蒸し暑い日が続きますね。
2代目大工の三島です。
そんな時はやっぱりコレでしょ!
ご当地一番搾り詰合せ!
嫁さんが買ってきてくれました。
うう?ん、さっすが?!
とはいえ全都道府県ではありません。

「甲信越 & 東海 & 北部九州」という謎な組み合わせ。

どういう基準なのかよく分かりません。

12本入りで1本はノーマルな一番搾り。

とりあえず記念撮影?。

なぜか子どもたちまでテンションアップ。
さてさていただきま?す。


美味しいビールに

子どもが保育園で育てたナスのツマミ。

ナスを切るのも子どもがやったとのこと。

うんうん、高級料亭より美味しいですね(親バカ)。
さてそんな一番搾り。
やや変わった物がありました。
先ほどの「大分に乾杯」とコチラ「福岡にづくり」。


なぜかスチール缶なのです。
通常、炭酸の入った飲み物はアルミ製。
ビールもほぼアルミ缶です。
コレは内圧で膨らむため強度が保たれるから。
冷やして飲む炭酸飲料はアルミ缶と相性がよいのです。
なのにわざわざコストをかけるのはなぜなのか。
きっと何かあるんだろうなぁ。
オッケーグーグル先生で検索してみます。
するとやっぱり理由がありました。
それは以外な理由。
「地元に製鉄所があるから」
ということです。
八幡(やはた)製鐵所と新日鐵(しんにってつ)ですね。

なるほどなるほど?。
そんな事まで考えてあるとは流石です。
面白いなぁ。
各都道府県ビールは飲んでて楽しいです。
ビールの味より印象に残った、地元産スチール缶事件だったのでした。
そういえば学校に新日鐵出身の先生がいたなぁ。
お元気でやってらっしゃるでしょうか。

製鉄所について語るときに僕の語ること

毎年8月にベツレヘムでMUSIK FESTAが行われる。

10日間近いフェスティバルの間、いくつかのバンドがコンサートを行う。

今年の目玉はCHICAGO。

コンサートのチケットは事前申し込みの有料だが、そのコンサートに行かなくてもベツレヘムの街中が音楽のお祭り状態になりとても楽しいと噂に聞いていて、行きたいな~と思っていた。

そしてとうとう今年行ってみる事に。

ベツレヘムはもちろんアレンタウンのホテルもこのミュージックフェスタの時期は満室になってしまうと聞いている。確かにとても賑わっていた。

ベツレヘムはメインストリートのある側と、川を渡った反対側の製鉄所の跡地とカジノのある側と二か所に分かれる。どちらでもお祭り騒ぎは行われているが、今回はメインストリート側に訪れた。

道路に特設ステージがいくつも設けられていて、バンドが生演奏をして盛り上がっている。

道には露店が並び、みんな大きなジョッキにビール片手に楽しそう。

私たちもビールを飲みながら、大道芸を見たり露店で買い物をしたり。。。

日本では見かけない食べ物のひとつが、とうもろこし。茹でたとうもろこしに塩、粉チーズ、チリパウダーがまぶせられていてアメリカンなんだがとても美味しい!これは食べるべし。

川の橋の下あたりまで露店が並び、音楽が町中に流れてアメリカンな雰囲気抜群。

これは楽しい~。最終日は製鉄所の跡地で花火が上がるらしい。

みんながお勧めするのも良く分かるなぁ。来年も絶対来ようと思う。

PR

コメントは受け付けていません。