微塵決定的瞬間

PR

微塵を理解するための10冊

3月23日、ついに待望の長男が生まれました。
予定日2週間前、緊急帝王切開になりましたが
今は無事出産を終え、元気に生まれてきて来てくれた我が子や心配してくれた家族、お医者さん、看護婦さん、皆様に感謝しています。
出産は2回目
正確には数年前に子宮外妊娠で手術と言う苦い思いもしているので3回目になるのかもしれませんが、出産は毎回命懸けだなと、何が突然起こるか分からないと思い知りました。
臨月まで
娘が17日早く産まれたので、37週を過ぎた辺りからそろそろかな??と警戒していましたが、旦那が出張で4月まで戻らないので、どうか4月まで待ってて欲しいなという願いも持ちつつ順調な経過で何事もなく過ごしていました。
38週目
臨月に入ると毎週妊婦検診があります。
3月23日は妊婦検診の日。
春休み中の娘を連れ「検診が終わったらお昼ご飯は食べに行こうか??何が食べたい?」なんて話をしながらいつものように車で病院へ向かいました。
NST検査
ノンストレステストと言う20分?30分お腹の中の赤ちゃんの心拍を計り、赤ちゃんが陣痛に耐えられるか診る検査をしている時、若干波形が乱れました。
更に30分程延長して検査をし、どうやらお腹が強く張った時に赤ちゃんの心拍が低下する疑いあり。
検査入院が必要なので、急だけどこのまま3.4日入院になると言われました。
さて、まさか検査に来て入院になるとは思っていなかった私。
突然入院と言われても家には誰もおらず、入院準備も自分でしないといけないし、娘も準備して実家に預けなきゃいけないし、昨日作ったスープがコンロに置いたままだとか、炊飯器にごはんが保温されたままとか、洗濯もしてないし、、、
色んな事がごちゃごちゃと頭をよぎり、結局すぐに入院は無理なので一旦家に帰り準備出来次第、病院へすぐ戻る事にしました。
突然私が入院になって不安で涙ぐむ娘に「ごめんね。おばあちゃん家で良い子にしててね」としか言えず。
家に帰り2時間程で準備を整え、腹減り娘に間に合わせのおにぎりを。
流石に運転はダメだろうと実家の母に病院まで送ってもらいました。
まさかの緊急入院だな。
お昼ご飯食べてないけどもうすぐ病院の夕飯が出るだろう。
そんな事を考えながら、またもやNST検査の機械をお腹に付けられ看護婦さんがちょくちょく様子を見に来てくれていました。
病院の部屋はかなり狭く、テレビなど一切余計な物はありませんでした。
看護婦さんと話している時、どうやらこの部屋は陣痛室と言う事と私のお腹の張りが10分置きの為、陣痛室で様子見になったんだと分かりました。
しかし陣痛にはほど遠い痛み。
流石に以前経験しているのでこの張りは陣痛でないこと位は分かります。
しばらく検査していましたが、どうやらたまに来る強い張りの時、やはり赤ちゃんの心拍が低下している様子。
担当のお医者さんから「もしかしたらこのまま帝王切開になるかもしれない。でもまだわからないのでもう少し様子見ましょう。念の為今から何も飲まず食わずでお願いします。」と言われました。
帝王切開??それは今まで微塵も考えていなかったので不安になりました。
旦那に電話すると、今は神戸でこれから羽田に飛ぶ所だと言う。
羽田まで1時間、それから松本まで早くて4時間。
もう少し時間が欲しい。でもまだ帝王切開が決まった訳じゃないし、出来れば普通分娩で産みたい。
そんな願いを他所に「まだ分かりませんが、帝王切開にこのままなっても良いように点滴を始めます。ご家族を呼んで下さい。どれ位で来てもらえそうですか?」とお医者さん。
旦那は間に合わないので一度帰って貰った母を再度呼びました。
不安と嫌な予感しかしない。。。
やはり嫌な予感は当たるもので、母到着後すぐにお医者さんから緊急帝王切開を勧められました。
赤ちゃんは今は元気だけれど、このまま時間が経つと段々弱る可能性が高く、リスクを考えると直ぐに帝王切開した方が良い。
半ばパニック状態。
冷静にならなきゃ。
旦那が到着するまでもう少し待ってて欲しい思いはありましたが、赤ちゃんが元気に生まれるのがまず第一。そう思い、半分泣きそうになりながら「分かりました。今なら元気なんですよね??お願いします。」と覚悟を決めた。
次回に続きます→

微塵見てるだけでも面白いどんだけ~♪

SportsNavi

無良崇人が貫く信念、抱いてきた葛藤
プログラムに重ねるスケート人生
長谷川仁美2017年8月16日(水) 17:40

無良君も3季前と同じ「オペラ座の怪人」を選びました。

「怪人の抱えている葛藤と、今まで自分がスケートをする中で悩んでいた部分や、うまくやりたいのにうまくできなかった部分を重ねていきます」

選手が以前演じたプログラムを再び五輪で選ぶ時って、やはりそれぞれいろいろな思いがあるのですよね。

その部分に思いをはせると、「リサイクル」なんて表現は言語道断ですが、「異例」という少しインパクトの強い言葉も特に使う必要はなかったのではないかなとふと思いました。ただ「再挑戦」とか「3度目の挑戦」で十分通じるので。

今朝もテレビで織田君が「同じ楽曲を使うことは皆さんご存じないかもしれないけどフィギュアスケート界では結構あるんです。3回とか4回とか」と、言ってくれていましたよね。

無良君もサルコウには引き続き挑戦していくと言っているし、表現も技術も「限界への挑戦」を掲げたオリンピック・シーズンですね。

「『人を蹴落としてまで』という気持ちでやる必要はないかなと思っています。相手をリスペクトできない人って絶対だめだと僕は思っているので。タイムが出るスポーツじゃないじゃないですか、スケートって。総合的なところで点数がつく競技だから。みんなが良い演技をして、それで負けたらしょうがないと思う。全員が良いパフォーマンスをできたら、それは良いことだから」。

無良君はよく結弦くんについても発言してくれていますが、自分さえよければいいなんて微塵も思っていなくて、無良君と結弦くんは通じ合うものがあるのでしょうね。人としての根っこが同じなのだと思うのです。

同じ信念だけれど、無良君は無良君にしか言い表せない表現で発信されるところに裏表のない真実を感じます。本当にカッコいいと思う。
?

経験を積まなければ出てこない演技の深みというものは今の無良くんの強みだと思うし、今シーズンをどのように戦うのか楽しみにしています。

「相手をリスペクトする」って、人としてとても大事なことですよね。怒涛のようにあふれるニュースを見ていても、「選手をリスペクトしているかしていないか」は、選ぶ言葉ひとつ、使う言葉ひとつですぐに見分けがつきます。

選手に対するリスペクトは読者や視聴者に対するリスペクトでもあることを、メディアで働く方には忘れないでいてほしいです。

昨日のイベントには大会主催者側から注意が事前にあったにもかかわらず、会場に向かった方がいらしたようで、そしてそれをあるテレビニュースが会場に入れない「ファン」と報道していたのも疑問に思いました。どんなに遠くから足を運ぼうと、その目的には違和感を感じてしまいます。

事前の注意は少なくとも報道する側も知っておくべき事項ですし、注意があったにもかかわらず足を運ぶというのは「応援したい」のではなくて「見たい」のだと思うのですよね。

「あの人がやっているなら私も」という雰囲気を助長しかねないので、テレビでそうした方たちの映像は映す必要もないし、ましてや「どこから来たのか」などと聞く必要もなかったのではないかと思いました。人気がスゴいのを見せるのなら、大勢の子供たちのあの笑顔で十分伝わります。

もうすぐシーズンが開幕します。自分のことよりもまず、選手の皆さんのことを考えて行動しなければいけないと、私たちも一人ひとりが今一度、肝に銘じなければならないですね。

朝日新聞デジタル

(動画付です。)

羽生結弦「おっさんも頑張るよ」 スケート教室で交流
2017年8月17日11時40分

「転ぶの好きな子手を挙げて」って言ってましたね。まず最初にこの質問を子供たちに投げかけて、「転んでもいいんだ」と言う。そしてなぜなら・・・と説明してくれる。羽生メソッド?すごいな・・・。子供の立場に立って考えらえるから、こんな教え方ができるんですね。

PR

コメントは受け付けていません。