微塵バカ日誌20

PR

微塵の使い道っていろいろあるよね♪

今の病院にお世話になり始めて、7月4日で2年が経ちます

最初は 知らない場所&看護師さん・先生達 にタジタジでしたが、持ち前の明るさからすぐに馴染む事ができました
それからは先生も看護師さんも大好きで、週1回の教授回診も楽しみにしているようなコでした。
ですが、今回の入院から一転して、全てがイヤになってしまいました
理由はただ1つ。煌牙との約束を、誰も守ってくれないから。
最近はストレスが溜まりすぎて、手の皮と唇の皮を血が出るまでむくようになってしまいました
大好きだったyoutubeですら興味を示さなくなりました
あれほど大好きだった先生や看護師さんが来ると、警戒し 出て行けと怒るようになりました
検温もサチュレーションもダメ
モシモシも触るのもダメ
点滴なんか持って来ようもんならブチ切れ
病院では怒る以外の表情がなくなってしまいました
早く家に連れて帰りたいのですが、熱が下がらない為、Dr.からの許可がおりません
熱を下げる為の抗生剤の点滴でしたが、微塵も下がる気配がありません。
ごはんも全く食べなくなってしまいました(自宅なら多少は食べます)。
症状が改善しないのに、薬だけが追加されていき、退院の目処が立たない、、、。
特に何かの検査をするわけでもないのに、病院におる意味あるんかな?
お殿のストレスを溜めているだけの気がします


今は福岡競艇場で 、「SG ボートレース オールスター」が開催されています。
お殿の憧れ、白井 英治 選手 も出ているので、一緒に観に行きたかった
親子共々大ファンなんです


早く退院できますように


微塵も、こだわって選ぼうよ

怖い、怖い

嘘もつき続けると、ほんとに聞こえてくる・・・・・怖いはなし

あまりの詐欺っぷりに、吐き気がする。

聖書の知識がないと、こんな(鹿がいないのでやぎで代用)なのに

引っかかる人もいるのでは・・・と思い、嘘を暴いておきましょう。

ある方にJWサイトを見るように言われた(アドレスを書くと飛ぶことはわかっているが、

見に行って、だまされるといけないので書きません)

新約聖書に『エホバ』と改ざんしたことの 正当性を述べているようだ。

JWサイト引用

『新世界訳聖書翻訳委員会は強力な根拠に基づき、ギリシヤ語の原本にテトラグラマトン

が出ていたという確信に至りました。その根拠が以下のようなものです』

●語句の説明

新世界訳聖書翻訳委員会:ものみの塔の翻訳部門のことです(でしょう)

ギリシヤ語の原本:新約のオリジナルのことでしょう。 新約のオリジナルはないです。

現存するのは、写本・断片です。研究により99.数%オリジナルと同じものがあります。

それを、聖書本文(せいしょほんもん)と言います。聖書の翻訳はこの聖書本文を使います。

お手元の聖書の前後どちらかに記号で記されていたり、ネストレ・・・というふうに書いてあるのがそれです。

問題は『ギリシヤ語の原本にテトラグラマトンが出ていた』 → これは嘘です。

『ギリシヤ語の原本』という言い方、まことしやかに聞こえますが、これはありません。

JWサイト引用

『イエスや使徒たちの時代には、ヘブライ語聖書のギリシヤ語訳にもテトラグラマトン

が出ていた。  ヘブライ語で神の固有の名が記されていました。』

●語句の説明

ヘブライ語聖書のギリシヤ語訳:セプトゥアギンタ=70人訳聖書のことです。

ギリシヤ語に翻訳された旧約のことです。

ヘブル語を読むことができなくなったユダヤ人のために前3世紀中ごろから翻訳

されました。 70人訳は時代的に旧約だけです。 当たり前のことですが、勘違い

している人がいるようなので書いておきます。

70人訳にテトラグラマトン(神名4文字)が出ていた:ギリシヤ語は左から右に書いて

いきますが、ヘブル語は右から左です。ヘブル語がわからない人が読めるでしょうか。

普通人名は音訳します。アブラハムとか、モーセ、ダビデのようにね。それがなされて

いない。『神名4文字』は 音訳できないのです。読み方がわからなくなったからです。

JWサイト引用

クリスチャン・ギリシヤ語聖書そのものに、イエスがしばしば神のみ名に言及し

それを他の人たちに知られたことが、記録されている

●語句の説明

イエスが・・・神の名に言及した:イエスは『エホバ』とは言っていません『父』です。

エホバ製書新約部分で『エホバ』と改ざんしている部分は『旧約の引用部分です』

そこで、セプトゥアギンタ=70人訳が出て来るのです。そこに『神名4文字』があった

と言いたいわけだ。

ちょっと考えてみてください。 『神名4文字』を『エホバ・ヤーウェ』と発音していたら、

イエスが神の名はエホバ(ヤーウェ)って言うんだよ・・・・なんて、言って御覧よ、

みんなに『それがどうした、知ってるよ』と言われないだろうか・・・威厳などない間抜け

な話だ・・・。

で、やっきになって、『エホバ』探しをするわけだ。

JWサイト引用

100を超える言語の翻訳で神のみ名がクリスチャン・ギリシヤ語聖書に出ている。

●語句の説明

先にも書いたが、

クリスチャン・ギリシヤ語聖書:エホバ証人、ものみの塔冊子協会が用いる聖書の

新約部分のこと。 つまり、新世界訳英語版を底本にして、訳しているのだ・・・

『エホバ』を改ざん挿入してあるやつを翻訳しているのだから、『エホバ』はあるだろう・・・

ちなみに 翻訳された言語にロトゥマ語聖書ってのがあったから検索かけたら、

JWサイトと母様ブログがヒット。 『すごい100を超える聖書にエホバがあるんだ・・・

やっぱり、エホバの証人は正しい唯一の組織だわ~』と思うのかな~

私は小学生でも引っかからないと思うんだけど・・・マイコン脳恐るべしだ。

それでも、以前は新約をヘブル語に訳したものを出していた時代があったが、

自分たちが翻訳したなんたら語聖書を引っ張り出してくるとは、やけくそ、手詰まり

なのかな・・・

この手の嘘を見つけたら、その都度たたくことにしました。

ここに揚げた根拠と言われるものは何の根拠もありません。木端微塵に

爆破    しました。

嘘がほんとっぽくならないように・・・・・  

PR

コメントは受け付けていません。