微塵の最新情報

PR

はじめて微塵を使う人が知っておきたい5つのルール

Kとの面談が終わり、今から新幹線に乗ると妻へ電話をした。

「今、Kさんと別れたよ。俺は今から新幹線に乗るから、20時前には着くと思うよ。」
「、、、わかりました。でも、私が、そっちに行こうと思って、、。もう、新幹線に乗るところなの、、。」
「そうかい、、でも、子供達は大丈夫なのかい?明日は、行事とかないの?」
「大丈夫、、、。19時半には、そっちに着くと思う、、、。」
「わかった。気を付けて」
妻はこちらに来ると言う。その道中では、Kと連絡を取る事だろう。Kから平謝りでもされているのか、はたまた、今日は誓約書に判を押してしまったけど、今後タイミングが合えば一緒になろうとでも言われているのか。何れにしても妻は、Kと連絡した上、今後の身の振りを私に伝えに来る。
私は妻が、頭が擦り切れるほど土下座をして謝罪するものと予想した。但し、それは、この場をKと妻が、最小限の傷で乗り越える為の行為なのか、それとも、心底、再構築を図る為の行為なのかのどちらかだろう。私はそれを見極めなければいけない。
結婚後、夫婦が配偶者以外の人を好きになってしまった事は理解できる。夫婦としては残念だが、夫婦なんて所詮は他人。より魅力ある人間に惹かれる事の方が自然との考え方もできる。惹かれた人間と長期間に渡り肉体関係があるなら、尚更、私に告白し、夫婦関係をリセットしてから、好きな人を追いかければいい。私は妻がそういった状況ならば、妻と関係を続けたいとは微塵にもおもわない。その時は、綺麗に夫婦関係を清算さえしてくれれば、妻に関係を留意する事は全く望まないし、逆に、今後の妻の幸せになる未来を認めたい。そう考えていた。
夫婦の道は妻の考え次第だ。これから、妻と会い、妻の本音を見極めなければならない。

目のつけ所が微塵でしょ

このブログは18歳以上推奨のシチュエーションCDの、あくまで個人的な感想です。

ネタバレしすぎない程度の感想にしようと思っておりますが、ご興味がない方はスルー願います。

濡羽の家の祟り婚 春の章 渇き CV:土門熱

2,700円
Amazon

プロフィールにも書いたとおり、病み系・闇系・無理矢理系が苦手なワタクシなんですが、じゃ買うなよってハナシなんですけども、土門さんに釣られて&好奇心に負けて購入してしまいました。。。

で、やっぱり闇系でした・・・そこはジャケ絵に偽りナシ。

いやでも黒い土門さんって、初めて聞いたかも。

それはそれで艶があっていいっすね!(内容は苦手ですが)

苦手分野ではあるんですが、ストーリー的にはよく練られていると思います。

時代背景も、設定も、黒くて深い闇を感じさせて、上手いです。

土門さんも、最初は闇など微塵も感じさせない爽やか青年なんですよ。

それが段々と闇を覗かせてゆくんですが、その過程も上手い。

でもコワイよ~~~~~、黒いよ~~~~~、土門さんはもっと明るいほうがいいよ~~~~~。

ちなみにジャケも凝った造りになっているので、製作側の力の入れ具合も感じられます(ぺらっぺらのやっすいジャケもありますもんね~)。

最後のほうの、そーぬーされながらの彼の闇な独白トラックがまぁ長いこと!土門さん、お疲れ様です。。。

迫真の演技です。聞いててゾワゾワしました。

でもやっぱり病み闇系は苦手だ~~~。。。と確信したワタクシなのでした。。。ヘタレだな~~~。。。

だってコワいのやだし~~~、胸キュンしないし~~~。

ってか、ワタクシのウォークマン、この濡羽の家の祟り婚の次にヘンアイカレシ(同じ土門さんCV)が入っていて、そのまま再生したらヘンアイカレシのスパダリのアオカンがやたらと健全に思えた、というね。。。それもどーよ。

このシリーズ後続のCVも、みなさん闇を感じさせるお声ばかりですね~。

闇系OK!むしろ大好物!な方には、至玉のシリーズとなりそうです。

ま、レーベル名が「黒い令嬢」ですもんね。。。

さて、土門ラッシュのお次は、26日発売の彼のプラマイ事情、28日発売のslowslowを予約済みです。

このあたりの発売日のCDが一気に7枚届くので、順次感想をアップしたいと思います~。

エロ度  :★★★☆☆

糖度   :★☆☆☆☆

ストーリー:★★★★☆

↓参考になった!と思ったらポチっとしてください~。

PR

コメントは受け付けていません。