微塵みなさまの足

PR

微塵って実はツンデレじゃね?

妄想小説 BL要素を含み腐っているので苦手な方はご覧にならないで下さい(汗)。


























































































































「何よ?」


「…何でもない」


「気になるんですけど?」


真っ直ぐこちらを見つめてくる瞳に耐え切れず視線を外した大野は


二宮の問には答えずそのまま脇を通り過ぎようとしたが先を読んでいたかのように待ち構えていた手に捕まり


「ねぇ?俺が何なの?」


至近距離で顔を覗き込まれ


今まで散々放ったらかしにした癖に何故こんな時だけ構うのか?


突き放されたかと思ったら嫉妬されたりしつこい程に構われたり訳がわからない


ズキズキと痛む胸を押さえ乱暴に手を引き抜くと衝撃で瞳から離れた涙は宙を舞って床に小さな染みを作った


「…本当はもう俺の事なんてどうでもいいんだろ?…だったら面白半分に構ったりすんな…」


勝手に期待して勝手に裏切られた気分になるのはもう疲れた… 


「…そう言うのは俺じゃなく…相葉ちゃんとやればいいだろ…」


鼻を啜り胸の内に蟠っていた思いを二宮へ投げつけ口を閉ざすと  


「ふふっ」


耳を疑うような楽しげな含み笑いが聞こえ信じられない気持ちで顔を上げた大野は


この場に相応しくない可愛らしい笑みを浮かべている二宮に呆然とした


「…馬鹿にしてんのか」


「まさか」


「してんだろっ」


「してませんよ」


のんびりとした口調で話す二宮により一層腹が立ち声を荒げようとした所を伸びて来た人差し指に制止され


「ただ何にも囚われず何にも動じる事のないあの大野智が俺だけの為に泣いて怒ってると思うと本当にたまらないなぁって思って」


うっとりとした顔で吐かれた言葉にリンクするように告白された日から今までの二宮の言動が頭の中を駆け巡り


「…お前…まさか態と…」


「俺だって散々貴方に振り回されたんだからお互い様でしょ、それよりどうなんですか?これで少しは俺の事が好きか嫌いか認識出来たんじゃない?」


悪びれもせず言う二宮に薄暗い廊下の壁に追い詰められた大野は


「お前って奴は…ほんと最低だな!」


涙目で睨み返しながらも何もかも二宮の芝居であった事に心底安堵し


「それはどうも」


反省の色など微塵もない二宮を見てとんでもない奴を好きになってしまったのではと思いながら


むんずと胸ぐらを掴んだ大野は驚き顔の二宮を引き寄せゴッと鈍い音をさせながら頭突きをかまし


「…痛っ!」


突然の痛みに星が飛び瞳を閉じた二宮へ顔を寄せた









続く。

俺の人生を狂わせた微塵

※ムッチャ長文です(笑)

時間があるときにどうぞ
皆さんに甘やかされて

褒められすぎなため

大変、恐縮しているhiroka☆です
今のTANTAN との関係性は、

私の生い立ちが

とても深く関係しています
私の母親は

今で言う鬱
昔は育児ノイローゼと呼ばれています
無気力

起きたら座椅子に座ってテレビ
私たち子どもに

菓子とコーラ、週刊誌を買いに行かせて
それを食べながらダラダラと過ごす

乳児がいようとも

自分で産んだのに、世話もせず
ミルクタワーに1回分ずつ

粉ミルクを小分けしておくけど

減ってない………(>_<)
オムツはもちろん替えません!
泣き叫ぶ弟、妹に布団をかぶせて

放置です………(-_-)

学校から帰宅したら

一目散にミルクをあげて、

そしてオムツ換え
すぐ下の妹と私の日課でした
ずっと家にいても

洗濯物もご飯の用意も買い物も

なにもしてくれません
友達と遊ぶことも、部活に入ることも

許されませんでした。
 便利じゃないといけない
ちょっとしたことで、1ヶ月無視されます

ちょっとしたことで、ご飯抜きです
※自分で作ったのに………(T_T)

冷蔵庫を開けることに許可がいります

ジュースは頼んで頼んでやっと50cc程度を
もらえますが、『あんたがいっぱい飲むからすぐになくなった!』と怒られます

朝、ご飯を食べると『あんたが食べるからご飯が減る!』と怒鳴られます
※自分で炊いたのに………(T_T)

私にご飯を食べる癖がないのは

この生活が根底にあるからです
ご飯は、給食と夜ごはんだけだったよ…

支払いも手続きも申込みも開設も私です

祖母が市役所に相談したことから、

下の妹と弟は保育園に入所しました。
減らないミルクタワーを見て

祖母も慌てたようです。
保育園に行き始めると
母親に見栄が生まれました
おカネもないのに見栄を張る
なので

私と妹に、

衣類が行き渡らなくなっていきました

話せば長い長い
ネグレクト
これが私の根底にある

TANTAN に

同じ思いをさせたくない

あと5分だけ

あと10分だけ頑張れば
もう少しいいものが出来る!
疲れたけど

もう寝たいけど、

あと10分だけ頑張れば

軽くご飯が作れる!
髪を伸ばしたいけど

美容院に行きたいけど

1000円カットで

お洒落なショートにしてもらえれば、

ヘアカラーが1ヶ月300円で出来る!
婚姻中は、美容院に13,000円以上も

今は2ヶ月で1,600円くらい(笑)

TANTAN は

学生1,700円の理容室に♪

私なりの考えで

小まめに清潔にする癖を付けて欲しいから

私は2枚しか持ってなかった下着

TANTAN は5枚常備しています(笑)
私は2足しか持ってなかった靴下

TANTAN は5足常備しています(笑)
部活だって好きなものをして欲しい

仲間をつくってもらいたい

私は定時制高校で働きながら卒業したけど

TANTAN には

選択肢をもってもらいたい
冷蔵庫だって当たり前に開けていい!

ジュースだってたまには買ってあげる!

ご飯はたくさん食べて欲しいよ!

友達とたくさん遊んで欲しいよ!

お母さんの作ったご飯を、当たり前に
たくさん食べて欲しいよ!
母親にしてもらえなかったことは

いっぱい………たくさんあるけど
母親としてTANTAN にしてあげたいこと

数えきれないほどあるよ
お風呂を沸かしてくれるTANTAN

ご飯を炊いてくれるTANTAN

インスタントラーメンを
作ってくれるTANTAN

ゴミを捨てにいってくれるTANTAN

塾の帰りに買い物をしてくれるTANTAN

下膳をしてくれるTANTAN

chibi のお世話は完璧なTANTAN

私より節約するTANTAN

私を好きだと言ってくれるTANTAN
過保護かも知れないけど

これだけのことをしてくれる息子です♪
あくまでも
わが家のお話です

これが基本でも見本でもなんでもない

苦しんだ過去があってのhiroka☆です
同じは踏みたくない!
【ネグレクト】
【どうでもいい自分】
私にとっては

ここからの脱却に必要な行為なだけです

いつも完璧な訳じゃないから(笑)
褒めていただいてありがとうございます
朝活について
ホットドックのざく切りキャベツ
?
しょうが焼きの千切りキャベツ
?
明日のお味噌汁のキャベツ
?
明日のお昼の焼きそばのキャベツ
野菜を使い回す(笑)

切ってしまって袋に入れておけば

楽チンですよ
玉葱も

この方が楽チンですよ♪

冷凍するものはこんな感じかな

?
えのきはカットして冷凍

しめじもバラして冷凍

ニラもカットして冷凍

ピーマンもカットして冷凍

人参もカットして冷凍

椎茸も丸ごと冷凍

モヤシは袋まんま冷凍

スライスハムも
ベーコンもスライスチーズも冷凍
こんなことを

早く起きたらやっています

自分が正解と思っていませんから(笑)
私は私
hiroka☆の場合の話ですよ
私の根底に

【母親のようにはなりたくない!】

という強迫観念に近いものがあるだけ
ただそれだけのこと
凄いでしょ!私

そんな気持ち微塵もないから

いつも応援をありがとうございます(*^^*)
たくさんの【いいね】
有り難いです?
コメントをくださる方も
とても楽しみで嬉しいです?

こんなhiroka☆のblogを読んでくださり

いつもありがとうございます(*^^*)?

hiroka

PR

コメントは受け付けていません。