ブックマーカーなら知っておくべき微塵の5つの法則

PR

微塵売れ筋、話題の商品をチェックするならコチラ

イベント出店の説明会に行ってきました。 

やる気満々やったし、
めっちゃ楽しそうやし、
断る理由なんて微塵もなかったけど
まあ、
調理に関して厳しいこと、
厳しいこと…( T∀T)
18 日までに、せなアカンこととか多すぎて
というか、
儚い個人店にはかなりの労力が必要で
それを出店料無料という形で補うとしても
無理がありました(;´д`)
生野菜ダメ。
ネギを盛るなら業務用の販売されたカットネギ(添加物含むし無理)を盛るしかないとか平気で言うし
店のコンセプトに反するし、まあ
出店依頼に関しても疑問に思うことが出てきたので出店はやめることに。
たぶん、上手いこと考えたり際どい攻めが出来ればいいんだろうけど
いま忙しい時やし余裕ないわ。
自分の小ささに嫌気がさす…(=д= )
出店数も多くてブースも足りひんみたいやし
ウチのようなあってもなくてもどうでいいような店は消えます。
 
いやぁ、
もうホント
開港150年のイベントに出れるなんて最高だったんですが
残念で仕方ない。
仕方ないわ…(._.)
ポスター貼って応援だけしときます。

知っておきたい微塵活用法

かなり長い間 通っている散髪屋さん

店主は僕より10歳ほど若くて、僕と同じくらい “考え方がヘン” な人
昨日 髪を切ってもらいに行ったら、僕からのリクエストは何も聞かずにバリカンを準備し始める
僕が「えっ?バリカン?」と聞くと
ヘラヘラと不気味な笑みと共に『うん。最近 暑くて髪の毛がうっとーしくてー。ちょっと短めに刈ってサッパリしようかと思ってね』と言う
この人に切ってもらうようになってからかなり長い期間になるけど、バリカンを使って切ってもらった記憶がない
バリカンを使った記憶はないけど、とんでもない髪型にされた記憶もない
だから任せた
「信頼する」ってそういうことだから
結果、いつもやってもらってる散髪より少しサッパリした程度で、丸刈りや角刈りにされずに済んだ
僕は鏡に写る自分の頭を見てサッパリしたし、散髪屋さんは自分がやりたいように仕事をしてスッキリしたし
誰とでも仲良くなろうなんて微塵も思っていない僕は、もちろん、誰でも彼でも信頼することなんてないのだけれど
信頼できる人との、少しのドキドキを伴う信頼関係は大切にするのです。

PR

コメントは受け付けていません。