微塵にこだわる専門ガイド。

PR

微塵は一日一時間まで

本日2回目の更新です。

1回目の記事は。

さて、

本当にあった心霊スポット話、3話目。

2話目をアップしたところ

ブログやFBのコメント欄が

「こわいー」と盛り上がりました。

それで、思ったのですが

なんだかんだで怖いの楽しいんだな、と

刺激ですもの。

だからといって恐怖心を植え付けたいとは

微塵も思っておりませんので

気をつけているところではあります。

しかし、受取手次第と言ってしまえば

それまでですけど。

なので

こういう話が苦手な人は

違う記事のときや

朝方お越しくださいね

始めから読む人はコチラから

では3話目をどうぞ。

今回は4コマ。

まぁ通じてるよね

事情話せてるわけだし。

だけど最後のコマは

わりと言われること。

カプリと間違えられることは

馴染みない名前だけに

多いですね?。

ちなみに私も

最初はケプリさんのこと

どこの国の人だろうと

思ってました 

残り2話です。

もう怖くないとは思いますよ。

また次回

???????

【募集中】

7/29(土) 群馬*ケプリの質疑応答会(2部のみ受付中)

詳細こちら

 

発売中

 
Amazon

微塵のファッションカタログ

カブト狩りもまさかの大ヒットらしい昨今。

ご近所問題で悩んでいる方々には

ぢごくのお盆休みのこんにち。

「こんにち」を漢字で書けば「きょう」と読んでしまう今日。

私は数年前 

道路族について学校に相談したとき

校長先生が理解ある方で

大変ご協力して頂き

本当に有難く感謝したのですが

結局

道路族は道路族でした。

何一つ反省せず

道路遊びを続けていきました。

「あなたのところは 学校が協力してくれていいですね・・・。」

だなんて思われた方がいらっしゃいましたら

それが最初はそうでもなかったのです。

当時

まだまだおとなしい気の弱い性格の私は

物凄~くっ!勇気を振り絞っては

何度か学校に連絡していました。

ドキドキしながら学校に連絡をしたとき

その時担当の先生から

奈落の底に突き落とされるような

冷たい対応をされたことも実はあったのです。

「連絡などしなければよかった。」

後悔して 傷ついて 独り ソファで泣いたあの日の思ひ出。

ところが数年後

校長先生が新しく替わられました。

そこで私は

小心者のくせして

この新しい校長先生に

勇気を振り絞って!

相談したところ

新しい校長先生は

教育熱心な方で

大変ご理解してくださり

御協力くださったのです。

嬉しさのあまり 私は独り ソファで涙を流したあの日の思ひで。

何度かこのブログでも書いたように

学校は道路遊びに対して

大変頑張って指導してくださいましたが

結果

聞き入れるような道路族ではありませんでした。

学校から スケボー系の(ブレイブボードやJボードなど)

スピード遊具が禁止になったというのに

うちの新興住宅では

「子供が欲しがってるのにかわいそうだから」

次から次に買い与える親続出。

ある日

20人くらいのクソガキがズラーッと

うちのフェンスに?まって大騒ぎしていました。

上手くスケボー系の遊具に乗りこなせず

練習のため 転ばないように

私んちのフェンスに掴まり立ちして

そのスリルと楽しさに大興奮し

大奇声大会を開催中でした。

その殆どが何故かメスガキでした。

オスガキもまざってはいましたが。

きXがいじみた奇声に動悸がしました。

頭が割れそうでした。

必死で頑張って勇気を奮い起こし

注意しに外に出たら

ママ達もいましたが

その後のことは頭が真っ白になっていて

今では何も思い出せません。

もちろん

これはもう何年も前の話ですが・・・。

その時のメスガキは

女子高生になっても道路で遊んでいました。

道路で母親とバドミントンなどがお好きなようですし

また

別の道路族家の中学生にもなったオスガキも

母親や祖母と

道路でバドミントンをしまくっていました。

もちろん

よそ様の敷地内に入った羽根は

親子ともども平気で取りに入りますし

よそ様の車に羽根を当てれば

「あはは し~っ!」で誤魔化して終わりです。

更に

女子高生と男子高生の兄妹が

道路でドッジボールやっている姿は

いい歳をしてなんなんだと苦笑するしかないでしょう・・・。

小学校の時の

学校の教え 先生方の指導など

頭の片隅にさえ

微塵も残ってないようでした。

そして

このおバカな高校生たちには

まだまだ1歳や2歳の赤子の兄弟までいます。

この新興住宅には数年に一度

ベビーブームがやってきます。

仲良しママ友達は

一斉に同じ大きなお腹を抱えて井戸端に励みます。

規模の大きめの新興住宅に限っては

道路族の終わりは

無いに等しいのかもしれません・・・。

それとも

50年くらい待ったら

静かになりますか?

確信はないでしょうが…。

高齢化で

減るかもしれませんね…。

でも

まともな人の神経が

そんなに長年

耐えられるでしょうか・・・。

PR

コメントは受け付けていません。