恋するコーレス

PR

コーレスの見所を集めました。

皆さんこんにちは。理学療法士・鍼灸師の李成浩です。  改めまして、あけましておめでとうございます。 2018年がスタートしました。(=⌒▽⌒=) 最近思うのですが、時間の経過が早くて、あっという間に一年が経ってしまいます。 まぁ充実しているからだと思うのですが…( ̄_ ̄ i)そう思っておきましょう。 だれですか?年老いたからだっていう方は(汗)。(°Д°;≡°Д°;)   さて、新年一回目の整形疾患ブログですが、骨折について改めて学んでいきたいと思います。 骨折と言っても様々なものがあります。 これまでのブログでも「コーレス骨折」を取り上げましたが、骨折と名のつく疾患はものすごく多いのです。 それでは一緒にみていきましょう。 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ まず骨折とはどうなった場合のことをいうのか考えてみましょう。 字の通り「骨が折れる」と書いて骨折なのですが、何らかの原因によって、骨の生理的連続性が断たれた状態を骨折と言われています。 骨折には様々な分類が有りますが、一般的に骨折と聞くと、骨折した骨の部位名を取った分類が有ります。 これをすべて羅列しようとすると、人体に存在する骨の数だけ骨折名が出てきますので、そこは割愛します。 他には骨折の起こる機序や原因をグループ化して分類するものが有りますが、そのグループには共通した特徴があるため、分類しやすいと言えるでしょう。 以下グループ別の分類を紹介します。 <原因別の分類>①    外傷性骨折:骨の持つ強度を超える外力が加わった時起こる骨折②    病的骨折:骨に何らかの病的状態があり、抵抗力が弱くなっている時に起こる骨折③    疲労骨折:比較的軽度の外力が、同一部位に繰り返し加わった際に起こる骨折 <外界(空気中)との交通による分類>①    開放(複雑)骨折:皮膚の損傷を伴うもの②    閉鎖骨折:皮膚の損傷を伴わないもの※複雑骨折と粉砕骨折を混同しやすいため注意。 <程度による分類>①    完全骨折:骨の連続性が完全に断たれたもの②    不完全骨折:骨の連続性は保たれているもの※不完全骨折には、次のものが含まれます。・亀裂骨折:骨にひびが入ったもの・若木(わかぎ)骨折:骨質の柔らかい小児の骨折で、若木を折り曲げたときのような、不完全な骨折のこと・竹節(ちくせつ)骨折:長い骨(以下長管骨)が長軸方向に押しつぶされて、竹の節のように盛り上がって折れるもの<骨折の方向や状態による分類>①    横(おう)骨折:長管骨をほぼ真横に横切る骨折②    斜(しゃ)骨折:長管骨を斜めに横切る骨折③    らせん骨折;長管骨をらせん階段状に横切る骨折④    粉砕骨折:骨折線が単一でなく、第三骨片を生ずるような粉砕を伴う骨折⑤    圧迫骨折:重力のかかる方向であったり、上下からの衝撃により、脊椎の椎体が押しつぶされる骨折⑥    陥没骨折:頭蓋骨に外力が加わり、内方に向かって落ち込むような骨折など…骨折が起きた際の症状として、以下の5つであるとされます。①    疼痛:骨折直後からその部位に激しい自発痛が起きる。また局所の圧痛も認める。②    腫脹及び皮下出血:打撲でも腫脹や出血は起こり得るが、骨折を伴う場合はより高度に起こる。③    変形:骨折の結果、正常なアライメントが破綻することで、変形や転移が起きる。内出血による腫脹は、変形を助長する。④    異常可動性:骨折により動くはずのない部位が動いてしまう。この時、骨折片や断端が擦れて異常な軋轢音(骨同士がゴリゴリと擦れた音)が聞こえる。⑤    機能障害:骨折によって本来果たすであろう骨の役割(身体支持、関節動作)を担えなくなった状態。上記①~④がそれぞれ原因となる。 骨折が起きた際の治療は主に以下の3つが取り上げられます。①    整復:なるべく速やかに正しい位置に整復します。そのままの状態もしくは局所麻酔下で適度に牽引の下に徒手整復。あるいは手術による整復。②    固定:整復した後は速やかにギプスやシーネなどによる外固定、手術の場合は鋼線や特殊な釘などによる内固定が行われる。③    機能維持・回復訓練:筋委縮や関節拘縮を防ぐため、骨折部周囲の関節可動域・筋力・生活動作トレーニングを行い、機能の維持改善を図る。 骨折による合併症や後遺症も存在します。合併症:皮膚損傷、感染、神経損傷、血管損傷、脂肪塞栓、内臓損傷など…後遺症:変形、四肢の短縮、偽関節、阻血性拘縮、ズデック骨萎縮、関節症など… ただ単に骨折と言ってもここまでの分類が有りますし、人体には約200個もの骨が存在しますので、その症状も様々です。 軽く転倒しただけだったのに痛みが長いこと続いている、痛みの他に冷や汗や悪寒がするなどが有りましたら、骨折の疑いがありますので、その際は整形外科の受診をお願いします。 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ いかがでしたでしょうか。 最後の一文は自分の体験談でした…( ̄ー ̄;学生の時に突然友達に転ばされたり、スノーボードでの転倒時に実際に感じた痛みです。 ほんとに痛い時は声も出せない、うずくまる、冷や汗だらだらといった感じで、その場から動けませんでした。 その間自分を突き飛ばした友達は、大爆笑してましたけどね…(;´Д`)遊びの中にも、危険はいっぱいです… 次回以降は上肢の骨折を紹介しますので、今回のこの分類や症状を頭に残してみていただくと、こんな骨折だったのかとわかりやすくなるかも?  それではまた…

コーレスはじめてガイド

PR

コメントは受け付けていません。